読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

ゴミの分別は今世紀最大の発明

公園のゴミ箱が無くなっていた。

そのゴミ箱は、巨大なフェンスみたいに丸い鉄の編み編みになっていて、僕が小さいころから、雨の日も風の日も、公園の入口に揺るぎなく立ち続けていた。

僕が二十代のころ、仕事帰りに公園を通りかかったとき、コンビニの袋に入れた、お弁当の容器やジュースの空き缶を、そのゴミ箱へ投げ込んだ。

すると、それを目撃していた、町内会長の爺さんが飛んできて、「ゴミを捨てるな!」と怒鳴ってきた。僕は、なんで、ゴミをゴミ箱へ捨てたのに怒っているんだ?とか思ったけれど、スグに察した。

要するに、家庭ゴミは自分の家で捨てろ、ということなのだ。僕は口をゆがめて爺さんを睨みつけながら、無言でゴミ箱からビニール袋を拾った。

人生で、二番目に屈辱的な瞬間だった。


あれから10年が経ち、街中からゴミ箱が消えた。公園はもちろん、駅のコンコースやバスターミナル、最後の砦だったコンビニからも姿を消した。

その原因は、ゴミの分別収集でゴミ袋が有料になったせいだ。捨てるのにお金がかかるから外で捨てる。捨てられた方も、また捨てるのにお金がかかるので、捨てられないようにする。きっと、そんな食物連鎖ならぬ、ゴミの連鎖が起こって、ゴミ箱たちは絶滅したのだ。

しかし、原点に戻ってみると、まちのゴミの処分(収集や焼却場)は、おそらく、僕らの所得税(住民税)から予算がついている。それなのに、捨てるための袋にも課金しているのだ。

おまけに、焼却炉の温度によっては、分別する意味もないらしい。分けて集めたゴミを、けっきょくまとめて焼いているのだ。

つまり、ゴミの分別というのは、袋に課金するため、そして、それをヒマな老人や無知な市民に、売りさばくための詭弁なのだ。

僕は、このスキームを今世紀最大の発明だと思っている。ゴミに課金し、細かい分別で相互監視させて抜け穴をふさぐ。

こんな見事なトリックプレイを思いつくとは、国のお役所には、天才的なファンタジスタがいるに違いない。

僕らはそのプレイに魅了され、点をとられ続けている。