コンビニの高額スイーツを躊躇なく買う技術

おはようございます。土曜日ですね。

世界的に技術が評価されるこの国ですが、今日は僕の身近な技術を紹介したいと思います。

近年、セブンイレブンに代表されるコンビニエンスストアに、わりと高額なスイーツが販売されるようになりました。みなさんも、一度は目にしたことがあるでしょう。

しかし、アレを買うのは勇気がいります。美味しそうだな、と思っても、さすがにコンビニスイーツに300〜500円出すのはちょっと…、と躊躇してしまいます。

ところが、そんな精神的ハードルを軽く超越して、コンビニスイーツをゲットする技術があったのです。


高額スイーツ

ある日のことです。

家に帰って冷蔵庫を開けると、セブンイレブンで見かけた、あの高額スイーツがあるではないですか!

f:id:cild:20170415091555j:plain

僕「わァ。すごいすごい。美味しそうなのがあるよ!」

彼女「食べていいよー」

僕「わぁ!誰かくれたの?」

彼女「あたしが買ったのよ(苦笑)」

僕「ほえー(@_@)。高かったでしょ」

彼女「そうなの?値段見てないわ」

僕「すごいよ…アンタすごいよ…」


実食

さっそく食べてみました!

f:id:cild:20170415091619j:plain

見るからに美味しそうです。

なめらかな生クリーム。

f:id:cild:20170415091632j:plain

太る味がしました。

糖度たっぷりのイチゴ。

f:id:cild:20170415091651j:plain

思いっきり甘いです。

しかし、よく出来ています。

使ってる素材が良いんでしょうか。ケーキ屋さんに遜色ない味で、そう考えると安いのかも。

ぺろりと完食してしまいました。


買う技術

このように、僕の彼女は高額なコンビニスイーツを躊躇なく買えてしまいます。

そのポイントは3つ。

  • 値段を見ない
  • 選ぶ基準は品質
  • 自分では食べない

まず彼女は、商品を見るとき値段を見ていないです。そして「アラ?美味しそう」と思ったら、次の瞬間にはカゴに入っています。なので、会計のときにお金が足りないこともしばしば。

そして、最終的に自分で食べることは少なく、なんのかんので、僕が食べてしまったり、誰かにあげてしまったりします。

僕には、到底まねできない技術で、理解不能な行動様式です。本人いわく、それが田舎育ちなのよ、とのことでした…。

彼女の実家では、まだ物々交換の風習が残っているそうで、近所では、魚や野菜を、あげたりもらったりしているようです。

都会では、失われつつある技術ですね。



コンビニの高額スイーツを躊躇なく買う技術、という話題でした。