あなた正社員なんだから責任感持ちなさいよ

企業が、正社員を雇うメリットってある? というテーマで、下記の記事が話題になっていた。

「少し前までは、積極的に正社員を雇ってたんだけどね、もう正社員って要らないね」

「なぜですか?」

「友達から「社員あんまり要らないよ、正社員じゃなくても、優秀な人が増えたって」って聞いて、試してみたんだよ。」

「どんな具合ですか?」

「具体的には、フリーランス、パートタイマー、リモートワーカー、アルバイト、副業なんかをやる人で、結構優秀な人がすごい増えてるから直接契約すればいいってさ。たしかにそうだった。」

「そうなんですね」

「うん、数年前まではパートタイマーっていうと、単純労働しかできない、ってイメージがあったんだけど、全然そんなことないね。今はデザインや執筆、マーケティングもパートタイマーに任せられるし、開発や営業もフリーランスの人がやってくれるし、バックオフィスはアルバイトで十分だね。だから本当に中核のメンバーはみんな役員クラスだね。」

「なるほど……」

経営者は、今は昔雇った正社員が辞めると、フリーランスやパートタイマーで補充し、正社員を雇わないと言っている。

出典:「正社員を雇うメリットが小さくなっている」という経営者の話

はっきり言って、フルタイムの正社員を雇うより、スキルのある方にパートタイムで働いてもらった方が生産性が高いよね、という趣旨で、僕も大いに頷く内容だった。

ところが、記事についたコメントを見ていると、一部に否定的な意見というか、「そのスキルは正社員で雇われて身につけたものですよね?」という批判的な意見もあった。

だが、ちょっと待ってほしい。

そもそも、企業でしっかりしたスキルを身につけられるのは、大企業だけ。日本のほとんどの会社は、スキルのいらない(覚えたら誰でもできる)中小零細なんだよ。

そこで、一流企業で経験を積んだ、しっかりしたアウトプットのできる人に、正社員と同等の報酬でアウトソーシングするというのは、ある意味、当たり前というか、それが正常。

f:id:cild:20170101120724p:plain

だいたい、中小零細の正社員は、非正規雇用者とたいして変わらない。それどころか、パートさん以下の生産性しか持ち合わせていない場合も多々ある。だから、同一労働同一賃金というような話も出てくるんだよ。

少なくとも、僕の会社ではそう。正社員で採用したけれど、その半数は、不真面目というか不遜になって壊れていく。

正社員枠で雇ったのに、ろくに仕事を覚えない。そのくせ、ベテランのパートさんを見下す態度をとる。パートさんが残業しているのに先に帰る。

少しでも正社員としての意識があれば、ありえない体たらく。僕は、どうしても「正社員なんだから責任感持ってよ」と思ってしまう。お荷物というか、もうゴミなんだよ。

正直、僕に権限があったら、パートさん以下のあの二人には、退場(辞めて)してもらう。これから心を入れ替えて、なんて甘っちょろいもじゃなく。むしろ、それまでの責任をとってもらいたいくらい。



事務員で雇われたことを盾に、頑として他所の仕事を手伝おうとしない。

パートさんが当日の発送に間に合わせるよう、必死になって残業しているのに、平気で先に帰る

商品に対してパートさん以下の知識しかない。

それなのに覚える努力もしない。

パートさんよりミスが多い。ありえないミスをする。ミスしてもヘラヘラして誤魔化す。

それが地方の正社員。恥を知ってよ。

仕事を頼むと拒否する。口だけは達者。バス通勤だったのに勝手に車できて交通費を請求する。勤務中にヤフーニュースを見ている。意味不明な別表を作って残業している。そのパソコン窓から投げ捨てるぞ!電話でバカ笑い。私用のスマホをへし折るぞ!バカども、社会のゴミ、死ね、死ね、死ね!ゴミども!ゴミカスどもが!

ぐぐぐぐぐぬ!、ぜぇはぁ、ぜぇはぁ……



申し訳ない。正月早々、負の感情に支配されてしまった。

もちろん、こんなことを、本人たちに伝えたりはしないよ。雇った責任は会社にあり、それを放置しているのも会社なのだから……。

僕が口を出すのは筋違い。

でも、明らかにパートさん以下なのに、正社員で採用になっただけで、1.5倍の賃金を払っているの。


あなたの会社は、大丈夫?



うちはもう手遅れ