散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログは名刺になるか?


こんちは。チルドです。

早いもので、この場所でブログを書き始めて、丸三年になりました。その間、読者のみなさんより、数多くのご意見、ご感想をいただきました。本当にありがとうございます。

数々のフィードバックは、僕にとって、かけがえのない血肉となり、自分自身の、圧倒的な成長も実感しております。それを噛み砕き、さらに発信することで、ブログは僕のライフログとして機能してきました。

しかし、ここ最近、低迷するアクセス、僕への関心の低下に伴い、その恨みを、遠慮なく書きなぐるなどして、鬱屈した想念を天へ昇華させておりました。

くそう。ばかやろう。そんな短絡的なアンガーを、ふらりと訪れた善意の読者へぶつけることで、心のモヤモヤを晴らそうとしたのです。

最低です。

本当に申し訳ありませんでした。心からお詫びしたいと思います。

許して、くれますよね…?

僕がこんなに素直なのは、みなさんへ謝罪したいのではなく、謝った方が自分が楽になるからです。たったひと言、謝罪するだけで罪が洗い流されるのです。こんなに簡単なことはありません。


ブログは名刺になるか?

さて、贖罪もすんだことですし、本題に入りますね。今日は、ブログは名刺になるか、という話題です。

僕も、いっぱしの物書きですから、ライティングを職にするのも、不可能ではありません。書こうと思えばなんだって書けるのです。オファーはありませんが、僕に書いて欲しいと思っているメディアも、多々あるんじゃないでしょうか。

そこで、転職を視野へ入れたとき、実績としてブログを見てもらうのは、アリじゃないかってことです。

ところが、僕のブログは、些か(いささか)不適切なんですよね…。あんまりにも攻め過ぎたので、クライアントがリスクを感じてしまうんですよ。僕のスロトングポイントが逆に弱点になるというワケです。

そうゆう意味で、僕のブログは、名刺にゃならねぇなと。ライティング以前に、人間性に問題アリと判断されてしまう。

そこで、皆さんには、そうなって欲しくないんですよ。将来的なこと考えると、良いブログを書いた方が、良い出会いがありますね。

ですから、ブログのアクセス数やら収益なんて、本当は関係ないんです。誠実に書いたら、注目される機会は減るかもしれませんが、名刺にはなりますよ。これって、けっこう大きいです。

僕はもう、汚れのおっさんになってしまいましたが、将来のあるみなさんは、是非とも意識して、がんばってほしいですね。

今日は、そんなところです。


じゃあ、また