読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ



日本酒を封じこめたチョコレート「大吟醸ボンボン」を買ってみた

暮らし

セブンイレブンのお菓子コーナーを眺めていると、ひときわ目を惹くパッケージを発見。

f:id:cild:20161223092707j:plain

「な、なんだこれは!?」と、手にとって見ると「大吟醸」の文字。

なんと、こちらのチョコレート、ウイスキーボンボンの日本酒バージョン。山田錦というお米を使用した純米大吟醸「青乃無」をチョコレートの中に入れてあるらしい。

山田錦

大正12年に兵庫県の県立農事試験場(現:兵庫県立農林水産技術総合センター)で山田穂と短稈渡船を人工交配させて誕生したお米の品種。主に日本酒醸造に用いられており、酒造好適米の代表ともいわれる。

青乃無

山田錦と五百万石を丹念に醸した純米大吟醸酒。華やかな香りと、まろやかな味わい。あのタイガーウッズがボトルキープしていたことで注文が殺到した。


大吟醸ボンボン

しかし、値段を見ると、¥324 円 ……。

うーむ。

アルフォートを2箱(またはブラックサンダーを10個)買える値段。

でも、気になってしょうがないので買ってみた。


開封

金色のピカピカした包装をはがすと、シックなデザインのパッケージ。

f:id:cild:20161223092646j:plain

なるほど。こうなっているのか。

f:id:cild:20161223092631j:plain

1個づつ可愛く包装されている。


実食

チョコレートと日本酒の組み合わせという未知の領域に挑む。思いきって丸のみしてみると、チョコの甘みと爽やかな味わい。オトナって感じ。

ふつうのウイスキーボンボンは、鼻に抜けるような刺激があるけど、こっちはまろやか。


うわ、こぼれた。

f:id:cild:20161223092814j:plain

お腹も空いていたから、立て続けに4個も食べてしまった。

本当は、半分食べて、もう半分は彼女にあげる予定だったのに。自分の卑しさと、意志の弱さに愕然とする。

彼女に「ラミーとどっちが美味しい?」と聞いたら、しばらく間があって「ラミーかな…」という衝撃の答えが。

僕はラミーより、こっちの方が断然美味しいと思うのだけど、女性はレーズンが好きなのかも。


最初は高いと思ったけど、食べてみると納得のプライス。

さらっとした透明な味わい。

1個50円なので、10個入りにしても500円、20個でも1,000円。そう考えると、外国の有名なチョコレートより、こっちのがお買い得かな。バレンタインデーに売り出したらいいのに。

残念ながら、ネットには売っていません。お近くのセブンイレブンで、是非。


Amazonで取り扱い開始したようです!
わぁい(^○^)


山田錦を封じこめたチョコレート「大吟醸ボンボン」を買ってみた、という話題でした