散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【福岡県】田川郡の「魚楽園」と「ラピュタファーム」へ行ってきたよ

f:id:cild:20161206084132j:plain
11月中旬の魚楽園にて。(撮影:チルド)



「あした休みだからどっか行こう」ということで、テレビで紹介されていた「ラピュタファーム」というお店へ食事に行くことに。

なかなか人気らしく、前日に電話してみたら、予約はムリだけど、当日、早めに行けば順番待ちできるってことだった。

近くに「魚楽園」という観光名所もあるので、そちらも寄ってみるプラン。


  • 魚楽園(ぎょらくえん)

福岡県田川郡にある日本庭園。藤江家が管理していることから藤江氏魚楽園ともいう。雪舟が室町時代に築庭したといわれる名園で、国の名勝に指定されている。

魚楽園という名は漢学者村上沸山が命名したもので、『詩経』の大雅篇の一文にある「魚楽しければ、人又楽し 人楽しければ、魚又楽し…」という一文から採ったものであるという。この庭園は、戦乱から逃れてきた雪舟が、戦争を憂い、平和を願う心境を表したもので、平和への願いを込めた理想郷として築庭されたものである。

自然の山を借景として、中心に池を掘り、水を配して三か所に石橋を架けている。その周りにツツジ、紅葉、ツバキなどを植え、四季折々の自然の変化を楽しめる趣向が凝らされている。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/魚楽園

株式会社 亀蜜本社
〒827-0001 福岡県田川郡 川崎町安眞木6388
TEL:0947-72-7777

駐車場(無料,50台)

入園料
大人 :300円
高校生以下:100円

※ 営業時間、休業日は下記オフィシャルサイトにて。
http://gyorakuen.jp/sp/

  • ラピュタファーム

ラピュタファームは、ランチバイキングが美味しい自然がいっぱいの癒し空間。

揚げ物には、圧搾抽出された菜種油を、マリネや炒め物には、オリーブ果汁を原料とするオリーブオイルを使用。砂糖は喜界島のさとうきびから搾されたザラメ、たまごは自然飼育鶏の赤たまごを使用。

手づくりと、新鮮な地元の素材、調味料も体に優しく美味しいものを厳選し使用している。

有限会社ラピュタファーム
827-0001 福岡県田川郡川崎町大字安真木4408‐11
tel 0947- 47-4000  fax 0947-47-4005

※ 営業時間、休業日については下記オフィシャルサイトにて。
http://laputa.chillout.jp


寝過ごしてしまう

朝早くに出かけるつもりが、寝過ごしてしまった。

休日の前の晩は、なぜか夜更かしをしてしまう。あわてて出発したのは10時すぎ。

もう少しで着きますよ、というグーグルマップの案内にしたがって、どんどん細い道に入っていく。「本当にこの道で大丈夫なの?」という不安と格闘しながらも、無事に到着してホッとした。

12時に到着して受付けに行くと、席が空くのは14時になるとのこと。とりあえず、番号札をもらって、先に魚楽園へ行ってみる。


藤江氏魚楽園

ラピュタファームから魚楽園は、車で15分ほど。ラピュタ同様の山道なので、 グーグルマップを見ないと厳しい。あれば大丈夫。

魚楽園につくと、駐車場にはちゃんと係の人もいて、スムーズにとめられた。入り口では「梅が枝餅」も売っていたよ。入園料は300円。さっそく中へ入ってみた。

▶なかなかキレイに紅葉している
f:id:cild:20161206084411j:plain

f:id:cild:20161206084429j:plain

紅葉の具合は、時期が難しい。魚楽園は亀蜜さんという会社が管理しているから、事前に電話で訪ねてもいいかも。

庭園の中には、お食事処と、庭園が見渡せるお茶席の2軒があった。コンパクトにまとまっていて安心。

▶色づいた落葉
f:id:cild:20161206084552j:plain

▶お茶席のお姉さん(美人)
f:id:cild:20161206090238j:plain

▶お茶菓子とお抹茶(500円)
f:id:cild:20161206084714j:plain

▶お抹茶をいただきながら庭を愛でる
f:id:cild:20161206084735j:plain

f:id:cild:20161206084757j:plain

▶苔生した石
f:id:cild:20161206084815j:plain

▶子どもを見守るお母さん(美人)
f:id:cild:20161206084858j:plain


こっちでランチしてもよかったかな。メニューをしっかり見なかったけど、800円〜1000円くらい。

なかなかの穴場で風情もあって、ドライブで立ち寄るにはちょうど良い。もちろんカメラ愛好家にもオススメ。

あと、夜はライトアップしてくれてるみたい。時間があれば、見てみたかったな…。

f:id:cild:20161206084840j:plain


ラピュタファーム

魚楽園をあとにして、ラピュタファームへ戻る。14時ちょうどに着いた。

▶向かって左がお食事。右が自然食品のショップ兼待合所。(コーヒーが無料で提供されていた)
f:id:cild:20161206085015j:plain

▶広場
f:id:cild:20161206085032j:plain

▶ブタさん
f:id:cild:20161206085044j:plain

▶ヤギさん
f:id:cild:20161206085102j:plain


12時に着いたとき、駐車場に車が40台くらい並んでてビックリした。周りは民家もポツポツとしかない山の中だからね。

食事は、ひとり1800円くらい。

食べるのに集中したいから、店内の写真は撮ってなくてゴメン。詳しくはホームページで確認してみてね。

当日のメニューは、いろんなピザとパスタと一品料理いろいろ。それから、スープやデザートなどなど。ふつうに美味しかった。

手づくりのカレーと、白ごはんもあったよ。小麦粉系も好きだけど、やっぱり、田舎の白ごはんは最高。予想外にまんぷくになってしまった。


紅葉も見て、お腹いっぱいになったので、ちょっと早かったけど家路につきました。


まとめ

福岡に住んでいたら、天神や博多駅周辺なんか、食べるところはいっぱいあるのだけど、最近は郊外の、ちょっと離れたところが流行ってる。

ひと昔まえなら、場所のわかり易さとかアクセスのしやすさなど、立地に左右されることがあったけど、今は、スマホさえあれば、道に迷うことがないから、その辺りがいいのかも。ふだん、車に乗り慣れてなくても行けるようになった。

だから今後は、休日にカーシェアで、観光地巡りやランチへ、というのが主流になるかも。なんにせよ、安く美味しく、良い物を食べれるのは、嬉しいことですよね。



魚楽園とラピュタファームへ行ってきたよ、という話題でした!