散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ボーナスはどこへ消えた?

全国のボーナスもらえない皆さんこんにちは。安心してください。僕もゼロです。

毎年ですが12月になると「もうボーナス出た?」というフリに困ってしまいます。「あ、ボーナス無いんです…昔はあったんですケドね…はは」、みたいになって…。

この、他の人はあるのに、こっちはゼロという現象は、地味にダメージ大きいですよ。金額ではなくゼロなのが問題なんです。理屈はわかってるんですが…。


もしもボーナスがあれば

仮の話ですが、もしも僕のボーナスが生きていたら、基本給の1ヶ月分、つまり173000という大枚が、ふところに転がりこんできたのです。

税金をかっぱがれるので、実質138400なんですが、それでも僕にとっては大きいです。いや、大きかったです(過去形)

それが、打ち止めって、ホントに切ない…。終了になった経緯は、以下になります。


会社の2階にある小部屋に呼び出されたのは、去年の5月だった。神妙な顔で、スチールのイスに座った社長は、僕に向かって、おもむろに会社の経営状態を語りはじめた。

赤字だ、時代だ、売上の減少だ─。

いろいろ喋っていたが、それは僕の耳を、右から左へと通過していった。業界全体が不況であることは10年前から分かっていたことであり、なにを今更という話だった。

ところが、最後の言葉に耳を疑った。

「─そうゆうことで、ボーナスが払えなくなったからね」

え…、いや、待て。それはこの状況を放置してきた、お前ら経営陣の責任だろ…。まずは、お主が腹を召すのが、スジってモンじゃないのか。

その瞬間、僕はすべてを悟った。


あのボーナスで買えたもの

でも、ですよ。下ばかり向いても、しょうがないじゃないですか。ないモンはないんす。

そこで今日は、あのボーナスで買えたものを想像してみます。「紹介」でも、「オススメ」でも、「欲しい」でもなく、「買えたかも知れない」ですよ。かつてこれほど悲しいアフィがあったでしょうか。そんな僕の記憶です。ご覧ください。



ハワイ

やっぱハワイでしょ。よく芸能人がお正月に行ってますよね。でも、行ったあとにどうしてるのかって、知ってますか? 僕は知りません。

なんかこう、コタツでみかんじゃなく、テラスでトロピカルフルーツみたいな、そんな新年を迎えたいですよね! 一生に一度くらいは…。



オールインワンコーヒーメーカー

これ、なにかわかります?

一見、ただのタンブラーに見えますが、実はコーヒーメーカーなんですよ。なんと、これひとつで、コーヒー豆を挽く、お湯を注ぐ、そのまま飲めるという、究極のアイテムなんです。フー!


Pコート

(画像はイメージです)

良いコートも一着はあると良いですね。それを着て、女の子と一緒に、クリスマスイルミネーションがきらめく、光の洪水に溺れたいです。


草津温泉

女の子と一緒からのインスピレーションなんですが、温泉ってのもアリかな。九州じゃなくて、北に向かいたいですね。

僕は、湯上がりの彼女の、赤味をおびたふとももにそっと指を這わせ、そのうえにある……うわぁー!


シェルジャケット

水沢のシェルジャケットです。これを着て、颯爽と走りたいですよね。こないだ、Amazonの「あなたへのおすすめ」メールで見て、これスゲぇ、ってなりました。

軽量でありながら耐水圧20,000mm、透湿性30,000g/m2/24hrを有する3層のGridliteを採用したハードシェルジャケット。ジャケットの内側にインナーサーフェステクノロジー※を搭載し着用時の快適性を高めます。フロントジッパー部分に搭載されたデュアルベンチレーションは2列のジッパーとその間に※ジャケット内側に美しくデザインされたベンチレーションシステム。衣服内の温度と湿度を快適に保つため、熱のこもりやすい箇所に配置し、ウェア内の熱をジャケットサイドジッパー部分から外に逃がします。


シューズケア

最近、靴の手入れが気になってます。防水スプレーとクリームは持ってるんですが、こうゆう本格的なのも良いですよね。


レザートートバッグ

なんでもいいから、新しい革のバッグが欲しいんですよ。こうゆうカタチの、ガバガバで機能性を兼ね備えたのがあれば便利かなー。

コンビニのレジで、バックの中をゴソゴソ探すのが苦痛で。早くなんとかしないと。くそう、ボーナスさえあれば…。


終わりです

あのボーナスがあれば買えたかも、という話題でしたが、いかがだったでしょう。

その昔、貧しい少女はマッチを擦って、その灯りのなかに希望を見たと言います。時を経て、その無垢な魂は、僕の心に脈々と受け継がれています。

全国の、非正規雇用の皆さん、アルバイトの皆さん、ボーナス無し子さん、無し男さん、僕と戦いましょう。

こんなひどい世の中ですが、希望を忘れずに生きましょう。なに、ボーナスがなくても、命までとられるワケじゃありません。

生きていれば、生きてさえいれば、きっと良いことが巡ってくるハズなのです!