散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

銀行の投資信託を解約して14276円勝った!

こんちは。チルドです。

やりましたよ。とうとう解約してやりました。

今年の4月に買った「ひふみプラス」60万円と「HSBCインドオープン」60万円です。


そんなに下がってないし、まだいいかなー、と思ったのですが、優柔不断は命取りになると思い、勢いで解約ボタンをポチりました。


結果

僕は、勝ちましたよ。大勝利です。この圧倒的な劣勢をひっくり返して、見事に勝利しました。

証拠はコチラです。

f:id:cild:20161007100942p:plain

f:id:cild:20161007101001p:plain


それぞれ、600,000円づつ買って、ひふみプラスは、18,213円のマイナスでしたが、インドオープンが、謎のパワーで、32,389円プラスになってくれました。



581,787+632,389=1,214,176

元が120,000円だったので、プラス14,276円です(どやぁどやどや〜ん


解約がなぜかギャンブル

解約して驚いたんですが、これってギャンブルなんですよ。

投資信託って、株のように、日々、値段があがったり下がったりします。

なので、当然、上がったときに解約したい(売りたい)ですよね。

ところが、投資信託は、解約しよう(売ろう)とすると、申し込んだ次の日の値段になってしまうんですよ。

例えば100万円買った商品が105万円になったとしますよね。

そこで、解約(売る)を申し込みます。しかし、当日の価格では解約できない(売れない)ので、翌日の価格になります。

つまり...

わーい。上がった!100万円→105万円
売ります!売りま〜すヽ(=´▽`=)ノ

翌日、大暴落。100万円→90万円
(  Д ) ⊙ ⊙

というような悲劇も起こりえるんです。

つまり、完全にギャンブルなんですよ。心臓の弱いお年寄りは、一生解約できそうにありません。

このシステム、パチンコよりタチが悪いと思うのは、僕だけでしょうか…。


トータルでは大負け

勝ったー、なんて言いましたけど、本当は負けています。言いたくないけど、マイナスです。

今回、解約したのとは別に、まだあるんですよ。

f:id:cild:20161007101140j:plain


こっちの150万円は、後から定期預金と間違えて買ってしまったものです。バカですよね…。

BAMワールド・ボンド&カレンシー・ファンド(1年決算型)

しかし、このマイナスって、ほとんど手数料なんですよ。つまり、買った瞬間に死んでいるんですよ。

ちょっとづつ勉強してわかったんですが、このボンド&カレンシー、ハッキリ言ってクソファンドだと思うんですが、どうなんでしょう。

説明聞いたときは、良いと思ったんですが…。

配当もぜんぜん出てないし、銀行の人がオススメしてきた意味がまるでわかりません。

いや、わかるかな…。

僕にも、うすうすわかってきましたよ。銀行員が、だれの利益を基準にオススメしてるかってことがね…。


軽い気持ちで始めた投資ですが、ドロ沼にずっぽりはまりこんでしまいました。


投資は計画的に。

銀行の投資信託を解約して14276円勝った!…という話題でした。



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー