読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

記念日と愛情は比例しない

暮らし

f:id:cild:20160309133019p:plain





そんなに責めないでよ。

忘れてたんだよ。

気持ちはあるけど忘れてたんだよ。

ホントだよ。

大事な日を忘れるのは、気持ちがない証拠とか言わないでよ。

気にしてないから忘れるんだろっ、て、それは違うよ。

いつも大切に思ってるよ。

信じてよ。

自分の生まれた日すら忘れてしまう男だよ。

君は僕の誕生日を覚えていてくれた。

それは素直に嬉しい。

だけど、それは、君が記念日を覚えるのが得意だからだよ。

ひとには得意、不得意がある。

僕は記念日が不得意なんだよ。

記念日の管理にビクビクするような生活を送りたくないんだ。

そうだ、初めてのデートで行った叙々苑に行こう。

え?叙々苑は2回目だったって?

だから僕は数字に弱いんだ。

君への気持ちは宇宙一だよ。

頼むよ。

頼むから玄関のカギを開けてくれ。