読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

正月のお散歩

暮らし


今朝は、正月でカラダが鈍ってしまわないように散歩してきたよ。

久しぶりに表に出たけど、身体は軽かった。日頃から水泳してるからね。

仕事の疲れもすっかり抜けて、いつもより調子が良いくらい。まる2日の休養で10歳ほど若返ったのかも。

正月休みの朝だから、住宅街は閑散としてた。久しぶりにシューズをはいて紐を結ぶと、気持ちの方までキュっと引き締まった。

寒さなんてこれっぽっちも感じなかった。

最近、カバンを持たずに外出するなんてなkったから、開放感もあった。両手になんにも持たないって、ホントに自由。

僕は、知らず知らずに重荷を背負ってきたんだろうね。たった1キロのカバンだけど、それが僕の身体を、いや、心を縛りつけていたんだと思う。

人はもっと自由であるべきなんだよ。

階段をタタンっとおりると、空がむっちゃ青くて、空気が澄んでた。

いつも、暗いうちに出て、日が落ちて帰ってたから、忘れてたんだよ。

空がこんなに青いってことを。



ちょっと走ろうかな。

僕は、こう見えても、中学のころは、1キロを4分ちょっとで走ってたんだよ。バスケ部だったけど、たまに陸上部の駅伝大会にも出てた。そっちは足が速かったワケじゃなく、陸上部の人数合わせだったんだけど。


家のまえを軽く走ると、ホントに気持ちいい。一気に加速したかったけど、さすがに年だから気をつけないとね。とくに下り坂は注意しないとダメだから。

知ってるかな。坂は、登りより下りの方が負荷が大きいってことを。だから、下り坂はじわっと下りるんだよ。

じわっとね。

あれ、おかしい…

左ひざに違和感が…

もしかして、痛い…?

グッと踏み込むと、完全に膝が痛い。

サイアクです。

まだ5分も経ってないのに、足を引きずりながら帰宅しました。



今、家で一杯やってます。


みなさんも、休み明けは気をつけてくださいね。


では。