物忘れの激しかった僕が考えた物忘れ対策

こんにちは。ライターのチルドです。

冷蔵庫を開けて「あれ? なにを出そうとしたんだっけ…?」と、なることってありますよね。

僕は本当に忘れっぽくて、しょっちゅうあります。それだけじゃなく、日常的に自分の行動や発言を忘れてしまうことがあるんです。

若いころは、病気を疑ったりもしたのですが、病院へ行くほどでもなく、みんなより、ちょっと記憶力が悪いのかなと。

これは、気軽な友人関係であっても気をつけなきゃなりません。一歩まちがえばオオカミ少年になってしまいますから。

また、どこへ行くのかも忘れてしまうので、車の運転にも要注意です。

そこで、僕がやってきた物忘れ対策をいくつか紹介していきます。


相手によって対応を変えない

物忘れでもっともキケンなのは、言ってることが変わって信用を落としてしまうことです。同じことを聞かれても、状況によってブレてしまうんですね。

たとえば、貧乏なBさんに給料に満足しているかと聞かれたら、満足していると答え、裕福なAさんから聞かれたら、不満だと答えてしまうといった具合です。

いちおう僕なりに、相手を気遣った発言ではあるのですが、本来なら自分を基準にして、満足か不満足かを述べなければなりません。

賢い人は、自分が過去にした発言と照らし合わせて、矛盾のない受け答えをできるのですが、記憶力が劣っているとそれが出来ないのです。

そこで有効なのが、相手によって対応を変えないことです。給料に不満を感じているならば、相手がだれであろうと、それがたとえ、お隣のラブラドールレトリバーであっても、徹底しておなじ対応をします。

大事なのは、いつも自分の心に素直であり、正直であり続けることです。


行動に意味をあたえる

記憶に難があると、自分の行動を人に説明できなかったり、自分でも忘れてしまうことがあります。

このハサミを僕はなんでここに置いたんだろう…?、という感じです。

そこで、AになったらBをする、というように行動に意味をあたえます。そのため、最初にじっくり考え行動するようにします。

たとえば、家から駅へ向かうとき、2つのルートがあったとします。1本は大通りに面した道。もう1本は公園を横切る裏道です。

大事なのは目的地である駅です。ここで漫然と駅へ向かってはいけません。どのルートが最短距離かを考えるのです。

駅への最短距離は公園を横切る裏道です。まずはそれをしっかりと覚えておきます。

すると、もしも公園を横切っている途中で、どこに向かっているのか忘れても、この道が駅への最短距離だと知っていれば、僕は駅に向かっているのだ!という解を導き出せるのです。

逆もまた然りです。

ある日、大通りを歩いていると、「あれ?、僕は会社へ行こうとしているんだっけ」となります。

…いや、ここは大通りだから僕は駅へ向かってはいない。駅へ行くなら公園の方から行くハズだ。

この時間に駅へ行かないということは、つまり今日は休日。そうだ。今日は休みだからツタヤに行こうとしていたんだ!

と、なるわけです。

僕はこれを記憶の逆算法と呼んでいます。

このように、何気ない行動にも意味を持たせれば、激しい物忘れに、ある程度は対処できるのです。


まとめ

ちょっと信じられないかもしれませんが、僕の中では普通にある出来事です。それが僕の生きている世界なのです。

また、現在から過去へ向かって、自分ならこう考えて、こう行動したはずだ、と確信することで、物事のつじつまを合わせ、忘れてしまったことも、思い出すことができます。

常にいったんゼロになる煩わしさはありますが、慣れればそれほど困難ではありません。

それに、記憶力が弱ければ、同じ本で何度も楽しめたり(忘れている)、心の傷を、早く癒せるといったメリットもあります。

人生は与えられたカードで勝負しなければなりません。

僕に配られたカードは、決してスペシャルではありませんでしたが、人や環境に合わせて配置することで、なにがしかの解決方法が見つかるものです。


前進あるのみです。