読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

世界一カンタンな美味しいコーヒーのいれ方

暮らし

やあ。さいきん調子はどう?

こっちは相変わらずだよ。コーヒーとインターネットの素晴らしき日々さ。今もこうしてスマホ片手にコーヒーのアロマに包まれてる。

コーヒーは良い。ああ、飲み過ぎがよくないのは知ってるよ。だけどつい飲みすぎるんだ。いつ飲めなくなってもいいように、飲み溜めしてるんだよ。

君もどう?

ん?いらない?なぜ?さっきコンビニで飲んできたからだって?そいつは素人だな。よし。じゃあ今日は美味しいコーヒーの淹れ方を紹介しよう。


http://www.flickr.com/photos/41308227@N00/2661577656
photo by gothick_matt

はじめに

きみは普段どうやってコーヒーを飲んでいる?いや、説明は不要だよ。それは全部忘れる。わかったかい?ぜんぶ忘れるんだ。僕がこの指を鳴らしたらきれいサッパリ忘れてしまう。

パチン

そう。それでいい。

抽出グッズ

いいかい。コーヒーの抽出方法はこの世に1つしかない。ペーパードリップだ。もし君がペーパー以外でコーヒーを飲んだとしたらそれはコーヒーじゃない。

まずコーヒーペーパーとそれを装着するプラスチックを手に入れるんだ。陶器じゃなくていい。プラスチックでいいんだよ。カップは持ってるだろ?お気に入りのマグカップだよ。なるべく大きいマグカップがいいぞ。

必要なアイテムは5つだけだ。

・ヤカン(お湯を沸かせるもの)
・プラスチック(小)
・コーヒーペーパー(小)
・メジャーカップ
・コーヒー豆(細挽き)
・マグカップ

え?グラスポットがないって?あんなもん壊れやすいゴミだ。


さあ、豆を買いに行こう。

豆の選び方

世界にコーヒー豆は3種類しかない。モカ、ブレンド、それ以外だ。まずコーヒーショップへ行き、この3種類から好きな味を探すんだ。

よし。モカか。モカで話を進めるぞ。とりあえずそこでモカを200グラム購入するんだ。豆は挽いてもらっていい。

コーヒーの淹れ方

さあ、さっそく淹れてみようか。目の前にはなにがある?ヤカンだ。そいつで湯を沸かす。よし、沸騰するまでにマグカップとペーパーの準備だ。急げ。

そうマグカップを置く。うえにプラスチックをセットする。ペーパーはフチを折り曲げてセットしてくれよ。よし。んじゃ、コーヒー粉を投入するぞ。メジャースプーンはあるか?そいつだ。

ひと匙入れよう。おっと、すりきりじゃない。どっさり山盛りいっぱいを入れるんだ。

ワオ。お湯が沸騰してる。火を止めてくれ。お、このヤカンは口が広いな。いいんだよ。それでもぜんぜん問題ない。なるべく細く、ゆっくりお湯を注いでいこう。このとき泡立って中心が盛り上がってくるだろ。それが豆の鮮度だ。古いやつはぜんぜん泡立たないし盛り上がらない。覚えておいてくれ。

よし。これでお湯が落ちきるまで放置だ。おおっとマグカップに直接注いでるのを忘れるなよ。注ぐ量をまちがえるとダバァーっなっちまうからな。そこは慣れてくれ。何ごとも経験だ。

そろそろお湯が落ちきったな。プラスチックを持ち上げてゴミ箱にひっくり返してくれ。そいつをサッと水洗いして棚に直しておこう。ワンツースリー。 3秒で片付け完了だ。

出来上がり

よーし。いい子だ。それで出来上がりだ。じっくり味わって飲んでくれ。どうだ?美味いかい?

その味をしっかり覚えておいてくれ。豆を買ったときのレシートはとってあるか?捨てちまった?なにやってるんだ。100グラムいくらだったか覚えてるか?ん?972円だと。そりゃちょっと高いかもな。

豆はだいたい100グラム300円〜2000円くらいまであるぞ。普段使いなら500円辺りが妥当じゃないか。それなら一杯60円くらいの計算になる。費用対効果を意識するんだ。

最後に

良い豆を探すには「酸味」「深み」「バランス」のうち、どれが自分好みかざっくりと知るのが大切なんだ。その方向が決まったら、あとは色んな店へ行ってモカならモカ、ブレンドならブレンドを試してみる。

さっきコーヒー豆は3種類しか無いと言っただろう。あれはウソだ。豆の産地から焙煎の仕方まで考慮すると何万種類にもなる。

いいかい。豆の値段ってのは言い値なんだ。その店その店で、好き勝手な値段をつけてる。同じ100グラム500円のモカでも、店が変わればまったく違うモカになるんだ。

だから、買いに行ける範囲でいいから、色んなところの豆を試してみよう。もちろんネットショップだってアリだ。

そして最高の豆と巡り合う。女の子と一緒だよ。みんながちやほやする美人じゃなくて、自分との相性がピッタリの女の子だ。世界にひとつだけの豆さ。

え?僕はなに飲んでるのかって?…近所のドラッグストアだよ。ひと袋500円だったかな。500グラム入りの粉だね。コーヒーならなんだっていいんだ。もちろん高級な豆も好きだよ。ごくたまにだけど。

女の子のたとえ話は筋が悪かったな。忘れてくれ。

もう一度言うぞ。コーヒーは豆の品質と鮮度がすべてだ。良い豆を提供したいかどうかってのは、そこのオーナー次第なんだ。値段じゃない。

自分を信じて、甘い言葉にだまされるなよ。


んじゃ、また明日ね。