読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

ヤマト運輸 運賃値上げから1ヶ月 フェードアウトからその後

こんちは。会社員もやっているチルドです。

ヤマト運輸さんの料金改定がありましたね。当社は月間、100件から200件、年間で100万円分くらいをヤマトさんへ依頼していたので、まさかの倍額に愕然としております。

僕は発送業務に関してノータッチかつ、なんの権限もありませんでしたが、うちの会社のヤマトさんへ対する要求は、傍から見ても酷かったと思います。うちの会社を切って正解だったと、個人的には思っています。

今回は、発送について改めて考える機会にもなったので、前々から気にしていた点も含めて、まとめてみました。

社名入り送り状の過剰請求

ヤマトさんは「送り状の荷主欄に社名を印刷」してくれるサービスがあります。当社の事務員はこれをドライバーさんに過剰に請求していました。

これって、ウチが送り状を紛失したか、書き損じて捨てたりしてるんですよね。常識的に考えて、集荷した個数より、送り状の発行枚数が多くなるっておかしい話です。

あくまでサービスなので、無くしたり書き損じて捨てたりしたなら、足りない分は手書きするべきです。それを持ってこないと文句を言うのは、明らかに頭がおかしいです。

執拗な集荷要求

うちの営業時間の都合からドライバーさんに直TELをして集荷を催促していました。あまり強くは言っていませんでしたが、要は「さっさ取りにこい!」という電話です。

そもそも、集荷の依頼はこちらの都合です。ヤマトさんは時間に正確なので、こちらが段取りをキチンとしていれば集荷は一度で済むことです。それを「早くとりに来て!」というのは、明らかに頭がおかしいです。

ドライバーさんへの横柄な態度

なんかこう、ドライバーさんを下に見るような話し方をしていました。うちの地域のヤマトさんは本当に感じの良い方ばかりだったので、笑って話してくれていましたが、もしも僕がうちの会社に集荷する立場だったら、絶対にムカつくと思います。

お互いに、過剰に気を使う必要はありませんが、それなりの礼儀をもって接するべきですよね。明らかに頭がおかしいです。

顧客への送料過剰請求

これはシステム上の問題でもあるので、一概に言えませんが、自社の顧客に実際送料(ヤマトさんへ払う金額)より多く送料を頂いてしまう事がありました。

本社がどういう処理をしていたのか判りませんが、送料で儲けるのは筋の違う話かと思われます。明らかに頭がおかしいです。

ありえない重量・サイズ

甘え、でしょうか。飲料2リットル6本入りダンボール2箱を、紐でくくって1口にしていました。さらに、離島へ30キロ、60×100cmサイズを、300百円で運んでもらっていました。

どう考えても適正価格ではありません。ヤマトさんがいいと言ったから、ではなく、重量やサイズについてキチンと話し合うべきだと思いました。明らかに頭がおかしいです。

まとめ

現在の配送は、すべて佐川急便さんへ依頼しています。こちらの集荷は、基本的に昼と夕方の2回だけなので、それに合わせて仕事をしているようです。

というか、ヤマトさんへ依頼していたときに、なぜそうしなかったのか、意味がわかりません。今と同じようにしていれば、あれほど迷惑をかけずにすんだのですから。

係の者の話を聞いてみると、初めに営業へ来たのは向こう(ヤマトさん)だったから、とのこと。それでかなり調子に乗っていたようです。

しかし、それからずっとヤマトさんは、誠実にお付き合いくださり、金銭的にも多大な恩恵を与えてくれていました。対等なビジネスパートナーとして敬意を払うべきだったと思います。

当社に変わって僕がお詫びしたいくらいです。本当に申し訳ない。そんなふうに感じる出来事でした。