読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

付利意雷布亜氏の 「ブログ、アフィリエイトで月50万円を最短で稼ぐための詳細な記録。ブロガー、アフィリエイターでセミリタイア」を読んでみた

こんちは。チルドです。

本のタイトルちょっと長過ぎないか、とか思いつつ、アフィで推定年収1000万円を叩き出すと噂される、付利意雷布亜(フリーライファー)氏の著書が、絶版になるらしく取り急ぎ購入してみた。



かなりのボリュームがあり、難解なところを読みとばしても、読了まで2時間ほどかかった。

方法論としては納得させられるが、ポテンシャルありきの印象もある。

そして、誰に向けて書かれたのか、イマイチよく分からなかった。もしかしたら書いている途中に「誰のために書いているんだろう」という疑問にとらわれたのかもしれない。

しかし、まわりくどい説明は一切なく、結論から具体的に書かれているため、会社という組織に、疑問や矛盾を感じている人にとっては、ひとつの解を提供していると言えるだろう。

個人的には、ライファー氏の知られざる一面が開示されていて、とても興味深く読み進められた。欲を言えば、2年間で収益化するまでのトライアンドエラーについて、もう少し深く知りたかった。

以下、蛇足になるが、感じたことをつらつらと。

ポテンシャル

本書で著者は「ポテンシャル」を、芸能人などの「フォロワーを大量に抱える人」と定義している。

しかし、僕はポテンシャルには二種類あると感じている。

ひとつは、著者の示す通り、リアルの友人知人の数であり、SNS(ツイッターなど)のフォロワー数などの、いわゆる人気指数である。

そしてもうひとつは、物事を取材して分析し、それを人々にわかりやすく伝える、コンテンツを作成する能力だ。

コンテンツ

本書では、集客については具体的に説明されているものの、コンテンツを詰めていく作業は抽象的にしか語られていない。

それを、ニート、フリーター、引きこもりに勧めるのは無理があるように思う。そこが本書の内容で、僕が最も疑問に感じられた部分だった。

彼らには、社会的地位もなく、引きこもりは友人すらままならない。そして、決定的に足りないのは、集客力ではなくコンテンツ力だ。

著者の提供するコンテンツは、核となる「タイ」のコンテンツを含め、基本的に取材によって構成されている。

残念ながら、僕の知る(僕を含めた)、ニート、フリーター、引きこもりは、外国ヤバい場所へ行き、取材するポテンシャルはそもそも持ち合わせていない。

アフィリエイターは良い人が多い

あくまで主観だが、どうも成功するアフィリエイターは、人が良いというか、困っている人、騙されている人を見ると、放っておけない、お人好しなタイプが多い。

しかし、ニート、フリーター、引きこもりの大半は、困っているのは確かだが、単順にバカなので、自分から泥沼にはまり込んでいるという側面も忘れてはいけない。

そう言う意味で、本書を読み返してみると、3通りのアフィリエイトが見えてくるかと思う。

  • 底辺から抜け出すためのアフィリエイト
  • 月収50万。職業としてのアフィリエイト
  • セミリタイアへ向けたアフィリエイト

本書では、一連の流れとして書き切ってあるのだが、それぞれに切り分けて語っても、面白かったのではないかと思う。

今後は、それぞれの場所で、あるときは「付利意雷布亜」として、アドバイスを送り、またあるときは、職業アフィエイターとして交流し、そしてまたあるときは、人間ライファーとして、幸せな家庭を築いてほしい。

個人的には、著名人に噛みついていくスタイルのライファー氏が好みだ。

より一層のアツいファイトを期待しながら、締めたいと思う。