若者を食い潰す社会

たまには仕事の話でもしようかな。

僕の会社には、いくつかの部署があるんだけど、ある部署だけ極端に労働条件が悪い。具体的には、朝が早いうえに拘束時間が長いんだよ。

本来なら、その部署には、人員を増やすなり、賃金に差をつけるなりして、手当てするべきなんだけど、それがなかなか難しい。人件費の予算をオーバーしてしまうからね。

そこで目をつけるのが新人なんだよ。新人の良いところは、モチベーションが高くて、社内事情に無知なところ。

部署というか、役割によって条件に差があり過ぎるってことは、いずれバレるんだけど、それまでは何も知らない新人をあてがって仕事を回していくってわけ。

最初はうまく行くね。

新人はとにかくヤル気だけは十分あるから、時間も気にせずにガンガン働いてくれる。おまけに「自分は新人だから」っていう、先入観もあるから、1年くらいは余裕でいけるんだよ。

だけど、仕事を覚えて慣れてくると、だんだん気がついてくる。内容と賃金がバランスしていないことに疑問を持ちはじめる。なんかおかしいぞって、やっぱり気付いてしまうんだよね。

そして、優秀な奴ほど「おかしくないですか?」って言ってくる。僕は内心「もう気付いちまったか…」とか思いつつも

「新人のくせに文句を言うな!」

なんて恫喝して誤魔化す。ま、これで大抵の新人は押さえ込める。社内的な立場も、発言力も、僕の方が圧倒的に有利だからね。

そうすると新人はやがて病み始める。忙しいうえに押さえつけるんだから当然だよね。僕は内心「すまんな…」とか思いつつ見て見ぬふり。

この手法でたいてい3年はもつ。壊れて辞めるまで代わりは来ない。辞めたところで、また新しく雇えば(買えば)いいからね。

新卒を潰し保身をくわだてる老害

f:id:cild:20160407223959p:plain
上記は極端な例だが、同じ理屈で新卒を採用している会社は、確実にあるのではないだろうか。

新卒は社会経験が浅いのでブラック体質に気がつきにくい。そのタイムラグを巧妙に利用して使い潰すという手法である。

つまり、能力は高く社会経験が浅い、新卒の大学生が狙われているのだ。

これが表面化しにくいのは、全体がブラックではないところにある。一部が真っ黒になっているのだが全体としては白っぽい。闇は大抵、末端に隠されている。

結局は、仕事量と賃金がバランスしていないので、いずれ壊れる。しかし、数年使ってやめたら、次にまた雇い直せばいいので、企業側にとってはむしろ好都合なのだ。

さらに、退職金の増加も防げる。退職金制度は年数が増えるほど労働者にとって有利な取り引きなのだが、短期になるほどその恩恵は減る。企業によって規定はまちまちだが、一般的には5年以内の退職については割安になる仕組みだ。

昨今の報道を見ていると、あたかも近ごろの若者の質が下がったように報じられるが、年代によって若者がそんなに変わるものだろうか。

僕の知る若者は、いつの時代も純粋だ。

社会は弱肉強食と言われるが、それは次の世代を無闇に潰していい理由には決してならない。経営者は今こそ、現場の状況をしっかりと把握し、世代交代を推し進めるべきではないだろうか。