「あの人は気をつけた方がいいよ」ってなに?曖昧なアドバイスの真実


新生活を始めると、周りは知らないことばかり。それがあたらしい職場だったりすると、周りの人の性格も、まだわからない。そんなとき耳にするのが「あの人は気をつけた方がいいよ」ってアドバイス。

でも、このアドバイス「あの人」について、いったいどこを気をつければいいんだろう…?

f:id:cild:20160216102134p:plain

事情を詳しく聞いても、はっきりとした理由を教えてくれない場合が多い。

今日は、そんな「気をつけた方がいい人」についてお話しするね。

気をつけた方がいい人の特徴

その人は、とてもフレンドリーに話しかけてくるよ。気さくで面倒見がよくて、いろいろな情報を親切に教えてくれるんだ。それでいてサバサバしている気持ちの良い人。一見、なんの害も見当たらないんだ。

でも、これって実は「好感を持たれるひと」のテンプレート(定型)なんだよね。ふつう、初めてあった人にこうはならない。明らかに不自然なんだけど、普通に接していれば、なにも問題はないように思える。

ところが、そこには思いもよらない落とし穴があるんだよ…。

親友という欺瞞

「気をつけた方がいい人」は、そのコミュニティに新人が入ってくると、いち早く目をつけて接近してくるよ。それにあなたが安易に応じていると、あとあとマズイことになるよ。

その目的とは?

ここまでは、なんの害もないんだよね。あなたと気が合えば友達になるかもしれない。でも、この時点で、もう半分は罠に落ち込んでるんだよ。気を許して2人きりで話したりすれば、もうドップリ。

このひとは、あなたに好意があって友達になりたいと思ってるんじゃないんだ。あなたと頻繁に接触することによって、周囲の人々に「仲が良い」ことをアピールしているんだよ。

親友アピール?何がしたいの?

「気をつけた方がいい人」というのは、分かりやすく言えばトラブルメーカーなんだ。明るく親切でサバサバしているのは見せかけだけ。実体は陰湿で嫉妬深い。おまけにネチネチしてるよ。

だから、あなたが気を許して、ほかの誰かの悪口や批判を口にしたら最悪だよ。その場は親身になって聞いてるけど、いったん仲がこじれると大変。内緒の話を一気にバラまいちゃうんだ。

でも、賢いあなたなら、ここまでは想定内だよね。なぜなら、批判する自分にも原因があるし、そもそも、そんな陰口を言ったりしないもん。

情報戦の本当の怖さ

だけど「気をつけた方がいい人」の、本当の怖さはここからなんだ。あなたが隙を見せずに、だれの悪口も言わないと戦術を変えてくる。

今度は全く関係がない話に、あなたが文句を言っていたという嘘をつき始めるんだ。

①あなたが漏らした情報(批判、悪口など)

これは、上に書いたとおり。ここまでは自衛できるから大丈夫なんだ。問題はつぎの②と③。

②あなたの考え方や創作物をパクる
恐ろしいのは、あなたが言った言葉を、さも自分が言ったように話し始めることなんだ。ひどくなると、あなたが作った物までパクりだすよ。

もしも、あなたが絵を描くのが上手だったら、できた絵がほしいと言って分けてもらう。それから他所で人を集めて「これは自分が描きました」って嘘をついてみんなに見せる。そして自分の評価を上げると同時に、絵の描き方を聞きに来たひとから対価を巻き上げる。一石二鳥ってわけ。

③あなたの身に覚えがない作り話
「気をつけた方がいい人」は、常識では考えられないウソの作り話をするよ。

不気味なのは、招いてもいないのに毎日やってくることだよ。そして第三者には「招かれている」と話すんだ。しばらくして、その第三者にまったくの大嘘を吹き込む。中味はその相手に応じて自分の利益になるようなものだよ。

ポイントは「招かれて」と話を逆転した部分。ここで最初の「仲が良いアピール」が効いてくる。あなたが招いて真実を話したと誤解させるんだよ。それが巧妙なトリックになって、第三者は見事に騙されるんだ。


けっきょく、「気をつけた方がいい人」の目的はあなたの発言を自分の都合の良いように加工して誰かを攻撃すること。あなたの人格(人望やスキル)をパクって自分を良く見せることなんだよね。

つまり、あなたの人柄が良かったり、人間的に魅力があったりするほど、狙われる危険が高くなるんだよ。

関わらないこと

もう、見分け方は分かったよね。ひとつは「あの人には気をつけた方がいいよ」っていうアドバイス。もう一つは、やたら接近してきて、過剰な親切をしてくるってところ。

「気をつけた方がいい人」は、良い人柄をうまく演出して近づいてくるから、避けるのも難しい。答えざるをえない話題をふってきたり、断りにくいものを差し出すなどして執拗に「接点」を作ろうとしてくるよ。

だからって無視すると「頭がおかしい、耳が壊れている」なんてネガティブなことを周りに吹聴したりするんだ。

どうやって回避すればいいの?

いったん狙われると、回避するのは大変なんだけど、対処方法は2つあるよ。

ひとつは、一瞬だけ愛想よくして、会話を短くすること。どうしても長く話さなきゃいけない状況になったら、第三者がいる場所で話すこと。2人きりでの長話だけは絶対にやっちゃダメだよ!

ふたつめは、そのひと以外の、ほかの人と交流すること。敵の戦略は、新人のあなたを独占してほかの人に情報を与えないことなんだ。あなたを孤立させて、思うように操るためにね。

でも、周りは知らない人ばかり。そんなときは、あなたに無関心なひとを探してみよう。あなたに無関心ってことは、逆に言えば、騙したり利用する意図がないとも言えるんだよ。異性だと勘違いされてしまうから、なるべく同性の人と多く交流しよう。

まとめ

たぶんだけど、今日、紹介したような「気をつけた方がいい人」というのは、強度の虚言癖と、軽度の人格障害の「狭間」で生きてるんだと思う。根底にあるのは肥大した虚栄心かな。

だから、あなたの、知識、スキル、人格、人望をそっくりコピーして、あなたになりすまして自分を立派な人間に見せようとするんだ。

これが、僕が見た「気をつけた方がいい人」の実体とその手口。ふだんの暮らしはもちろん、インターネットでもありえるから、みんな気をつけてね!