散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ブログの休日。みんなも、たまにはのんびりしようよ

今日はブログ、休もっかな。

このところ、スターやブクマを沢山もらって、読者も増えたから、オーバーワークというかオーバーブログになってた。だから今日は、頭をカラッポにしてボーっとしてる。

デジタルデトックスってやつだよ。

いま書いてると思ったかもしれないけど、僕に書いてるって意識はなくて、口語体でいるときは、ホントにリラックスしてる。いうなれば呼吸をしている感覚。

それに、タッチパネルだから、書いてる意識も希薄なんだ。ところで前から疑問だったんだけど、パソコンで文章を作るとき、書くって表現はあってる?

書く、打つ、タイプする?

どれがしっくりくるんだろう。

タッチパネルだとタッチしているとも言えるし、ペンで執筆していれば、「断筆」と宣言もできる。でもタイピング形式だったら大変だよ。断指になっちゃう。指を断つなんて、そんな恐ろしいこと、できないよ。

ゆーたぬきさんなら、指がポキっとなって血がドバァーみたいに、コミカルに落とし込んで、ほのぼのエピソードに昇華できるんだろうけど。


それより、僕はどうも天狗になってるみたいなんだ。承認されるまでの線引きというか、どれくらい承認されれば満足できるのかってラインは、人それぞれだと思う。

僕は単純に、ほめられて伸びるタイプなんだけど、そのラインを超えて過剰に評価されている。いや、評価されていると思っている僕がいるんだよ。どの立場から物言ってるんだっていう…。

僕の中から魔物が生まれるんだよ。ガーゴイルみたいに口をカッ!っと広げて、禍々しい翼をはためかせて、ネットの上空を飛び回ってる。

僕はガーゴイルでもあるけど、同時に勇者でもあるから、魔物は退治しなきゃならない。

今日、ゆっくり休んでガーゴイルが薄まって、勇者が濃くなってきた。この調子だと、近いうちに、とてつもないエントリィが書けそうな気がしてるんだ。ククク。

今日はゲームして寝よう。

ところで、勇者のくせになまいきだ。ってゲームをブックオフで買ったんだけど、すごく難しいよ。クソゲーって言葉が、そこまで出かかってるけど、耐えてる。みんなが面白いって勧めてたからやったんだけどね。

勇者が超つよいんだよ。あの3人組がきたところで、お縄を頂戴するんだ。どうすりゃいいんだよ。