読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

寝顔をずっと見ていたい

暮らし

このまえの連休、何十年かぶりに一人で旅行にいったよ。ふだんは、決して一人で行動しないけど、僕のわがままで出かけてしまった。

行き先は東京。日程は、土曜日、日曜日、月曜日の3日間。目的は、ブログの友だちに会いに行くってことにした。

彼女にその話をすると、やっぱりアタシも一緒に行くって言い出した。ここだけの話、僕は結婚していないけど、歳の離れた彼女と一緒に暮らしてる。

一応、自分の家は借りているけど、ほとんどは彼女のお家で生活してるんだよ。だから電気代が150円になったりする。あまり自宅には帰らないからね。

そんな彼女とは、かれこれ20年の付き合いで、いつも一緒だった。たまにどちらかが一泊旅行に出かけることはあっても、24時間以上会わないってのは、この20年で一度もなかったんだよ。

だから今回、3日も離れるのは、お互いにとって初めての経験だった。

旅立ちの夜、彼女は駅まで送ってくれたのだけど、3日も会えなくなることが、急に実感として湧いてきて、胸が締めつけられるようだった。お互い、いつも一緒にいるのが当たり前になり過ぎていたんだよ。

彼女も同じ気持ちだったようで、ちょっと目がうるうるしていた。たった3日くらいで、こんな気持ちになるなんて、子供じゃあるまいし、なんて思ったけど、どうにも切なくて、僕らはひさしぶりにキスをした。

もっと若いころは、毎日していたのに、いつからか、愛撫もおざなりになって、キスするのも忘れていたんだよ。いつも隣で寝ているのに。

でも、今回、思い切って旅に出ることで、僕にとって、彼女がどれほど大切かってことに、改めて気がついた。

そうしていると、もう出発の時間になっていて、僕は急いでクルマを降りて、駅へと駆けていったんだ。


f:id:cild:20170113105824j:plain


そして3日後、彼女のお家に帰ると、庭に水をまいている彼女が、そこに居た。植物を育てるのが大好きなんだよ。今年の冬は、庭を猪に荒らされてしまったから、ほとんどお花はないのだけど。

僕は、旅行カバンを持ったまま、彼女を抱きしめた。暖かくて、柔らかくて、僕らはしばらく、そのままでいた。

お家に帰ると、僕の好きなお菓子がどっさり買ってあった。彼女は、スーパーへ買い物へ行くと、僕好みのお菓子を2〜3個買ってくる。

それは、僕が留守のあいだも、毎日変わらず、冷蔵庫には3日ぶんのデザートが並んでいた。リンツのチョコも3枚入っていた。

彼女が、僕のカバンをゴソゴソやっていたから「お土産はなんにも買ってないよ」と言うと、ちょっとほっぺたを膨らませて、カバンを放り投げた。

東京土産なんて、Amazonでいくらでも買えるじゃないか、と思っていたけど、そうゆうものでも、なかったかな。

東京ばななでも、一本買えば良かったかなと、ちょっぴり後悔したけど、こうやって僕が無事に帰って来たことが、何よりのお土産だよ。

ふたりで、彼女の作ったすき焼きを食べて、お腹いっぱいになった。やっぱり家が落ち着くよね。

「なにか変わったことはなかった?」と、コーヒーを飲みながら僕が聞くと、彼女は肩をすくめて、首を振ってからこう言った。

「ブログの子たちとは何人と会ったの? 集合写真は撮ってないの?」

急に聞かれて、僕は自分の設定をあわてて思い出して、4〜5人と合ったと答えた。

「ブログのオフはね、写真を撮ったらマナー違反になるんだよ。本名でやってる子もいるけど、顔出しまではしてないし、顔出ししててもオフで写真を撮るのはどうかな。写りが良くなかったら、アイコンは奇跡の一枚だとか言われたり、ちょっとぽっちゃりしてたら、それを揶揄したりする人もいるからね。僕が写真をアップしないと分かっていても、流出のリスクがゼロじゃないよね。そうゆうの、総合的に鑑みると、そもそも撮らないのが正解なんだよ」

「そうゆうものなの…」

「そうゆうものだよ。一期一会だから。僕たちは写真という記録より、記憶に残る出会いを大切にしてるの」

本当は、誰とも会ってないのだけど、ブログの子たちに会いに行くって言ってたから、ウソをついてしまった。だけど、ブログの知り合いがいるのは本当だから、まったくの嘘ではないよね。

「みんなね、僕のブログのファンなんだけど、慶応や早稲田、東大なんかの頭良い子たちばかりだからね。僕とはあんまり話が合わないから、ご飯食べてすぐにバイバイしちゃったんだよ。でも楽しかったよ」

「ふーん」

それで彼女が納得してくれたのか、ちょっと自信がなかったけど、一応は信じてくれたみたい。何より、僕がブログで人気なのを、彼女はとても喜んでくれる。たいていの事は、すぐに飽きて投げ出してしまう僕だけど、ブログはずっと続けているからね。

「起きてる?」

僕が布団にもぐりこんでそう聞くと、彼女はパッチリ目を開けた。いつも、もう寝ちゃったかな、と思って呼んでみると、たいてい起きてるんだよ。

そうして僕は、安心してまっすぐ伸びをする。彼女の胸に頭をのせて、服の匂いを嗅ぐ。

ふぅ、落ち着く……。

今日は、思い出したようにキスをした。

彼女の顔にかかった髪を、指できれいに梳いてあげて、分け目を整えてあげた。長いまつ毛を閉じて、穏やかに微笑んでいるような寝顔をしている。


僕は、いつも、そのまま眠ってしまうんだ。