散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕に必要なのは治療と休息

思うところあって、治療と休息に専念することにしたよ。療法は未定だけど、とりあえずインターネットから距離をおくことが喫緊の課題になる。

昨日からよく眠れていないんだ。

いや、よく眠れていないというより、一睡もできていない。本当のところ、目を閉じても眠くならないんだよ。なぜかはわからないけど、分かってしまうのも怖い気がする。


それでも、布団をかぶってギュっと目を閉じると、まぶたの裏に浮かんでくるのは、決まって小学校の教室の風景だった。

昼休みも終わろうとするとき、僕を誰かが乱暴につかんで、後ろから羽交い締めにしてきた。「なにするんだよ!」って、振り向いて文句を言おうとするけれど、なぜだが声が出ない。

喉の奥に力が入らなくて、僕の叫びは、噛み締めた歯の隙間からスウっと抜けていく。その音は、教室のザワザワした話し声にかき消されて誰の耳にも届かない。

そして僕は、数人のクラスメイトに羽交い締めにされたまま、机とイスから無理やり引きはがされて、教室の後ろまで引きずられていったんだ。


日ごろから生意気な子供だった、とは思う。よくケンカをしたし、担任の教師にはしょっちゅう暴言をあびせた。気に入らなければ授業中でも平気で外へ飛び出した。


大人の都合で連れてこられた見知らぬ土地。見知らぬ学校に、友だちなんて一人もいなかった。同じ日本だけど、遠く離れたら、子供にとっては異国だよ。言葉もよくわからない。

そして、スポーツも勉強もできないのに、特別に反抗的だった僕は、きっとクラスの中でも浮いた存在だったんだろう。


教室の後ろまで、無理やり引きずられて、リノリウムの床に押し倒された僕は、押さえつけられた腕を、必死に振りほどこうとするんだけどまるで動かない。

そして、「やめてよ!」と、叫ぶ声は唇の隙間から吐息になって抜けていく。喉をいくら振り絞っても、荒い息遣いにしかならない。

僕が足をめちゃくちゃに蹴り上げると、立て掛けてあった用具入れを蹴飛ばして、箒が倒れ、ブリキのチリ取りが床に落ちて派手な音を立てた。

その音に、クラス中の話し声が、一瞬、途切れて、みんなが一斉にこっちらを向く。そして、笑いながら、わらわらとこっちに集まってきた。

僕は、仰向けで押さえつけられて、なす術がない。それを見下ろすクラスメイトは、どの顔ものっぺりとした平面になって、2つの瞳だけが異様に光っている。 たくさんの好奇の目を、僕は涙にゆがんだ瞳で見つめ返した。


あお向けで押さえ込まれて、クラスメイトに囲まれた僕は、怖くなって惨めに泣き出した。

身動きできなくて、恥ずかしくて、情けなくて、悔しくて─。



すると、輪になって見下ろしていたクラスメイトが、さっと動いて、その後ろからトイアンナが現れた。

彼女は、涙と鼻水でグチャグチャになった僕を見下ろして、天使のように笑った。そして、足を高く上げるとシミひとつない綺麗な上履きで、僕の股間を思い切り踏みつけた。

それからトイアンナは、同意を求めるようにクラスメイトへ目配せをしてから、ゆっくりとしゃがみ、僕の白い短パンへ手をかけ、慣れた手つきでヒモを解くと、それをパンツと一緒に足首まで一気にずり下ろした。


さらに彼女は、まるで熟練した産婆のように、両足を持ち上げ、僕の恥部をクラスメイトにさらした。後ろまで見えるように、ことさら大きく広げて見せた。

彼女は両脇のクラスメイトに命じて、僕の足を持たせると、僕のオシリを右手でバシっと叩いて、ツバを吐きかけた。

そして、こう言った。

「ごらん!これが、デブ・ブス・キツイ女は痴漢に遭わないとジェンダーを愚弄した間抜けの正体よ!」

トイアンナは、外資系で鍛えられたそのよく通る澄んだ声で高らかに宣言した。


さらにトイアンナは立ち上がって、今度は自らのスカートを腰までたくしあげ、その優美でほっそりとした足を大きく広げながら、僕の顔の真上まで歩み寄ると─





そこで僕は、掛け布団をガバっとはぐって目を開けた。なんだったんだ、今の映像(イメージ)は…。

真夜中のシンとした寝室に人の気配はなく、全身はびっしょりと生臭い汗に濡れ、こわばってうまく動かない。心臓は壊れたメトロノウムのようにガチガチと脈打っている。真っ暗な部屋で、見開いた目には、なにも見えない。




恐ろしい、恐ろしい。

ただひたすらに恐ろしい。




僕には、間違いなく、治療が、必要だ。明日、この文章をプリントアウトして病院へ行こう。



🐤