散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

僕の近ごろの悩み

今日は、本音を吐露させてほしい。

どうでもいいけど、「ホンネをトロ」って、語感がよくないよね。とろとろジューシーは美味しそうなのに、なぜだろう。

いや、今日はそんな話じゃないんだ。

実はこのブログ、自分で言うのもなんだけど、そこそこ読まれている。

そこで、いつもだったら、僕はスーパー・ブログ・ライティンガーであるからして、宇宙全体の読者からマグマのように熱い支持を受けてうんぬんと、フザけて、気分をアゲて書き始めるのだけど、もう、そうゆうのは、終わりにしないといけない。

冗談抜きにして、毎回いつも読んでくれる人たちのおかげで、記事だけは、僕のキャラをまったく知らない層にまで届くようになった。

これは、とても嬉しいことである、反面、誤解を与えてしまうことも多くなった。誤解を受けることに恐れはないのだけど、故意に誤解を与えてしまう表現はできないと感じている。

つまり、もう、おちゃらけ記事は卒業しなければならない。僕はもう、ぬるい個人メディアから、不特定多数へ向けたマスメディアへの転換を迫られているんだ。


f:id:cild:20151015104016p:plain


もっとも、僕が変わってしまうのが寂しいと感じる読者がいることも、十分に理解している。今のままでいいよ、ありのままが好きだよ、と言ってくれる読者も大勢いるだろう。

だがちょっと待って欲しい。

僕が現状で満足することは、本当に読者のためだろうか。

僕がブログを運営するにあたって、常に意識してきたのは、「読者に最高のサプライズを提供する」ということだ。

ニュースや、お役立ち記事ならば、ソーシャルツールのフィルターを通した、いわゆる人気記事をチェックすれば事足りるだろう。

ブログには、それらが表現しえない、個人の感覚であったり、主義主張を書くことができる。それがブログにおけるエンターテインメントの本質だと理解している。

その原点に立ち返ったとき、僕はもっと大きいことをやらなくちゃ、ってそう思うんだよ。なにかこう、みんながビックリする記事を書かなきゃいけない。

それがなんだか、わからないけど、アクセスに応じられるような、とにかくデカイことをやんなくちゃ、って、超あせってる。

そういう時に限って、なにも思い浮かばないんだよね。

今、ひとつ思い浮かんだけど、こいつはリスクが高い。まさに清水の舞台から飛び降りるって感じ。

これを書いてしまったら、大怪我まちがいナシだよ。でも、清水の舞台から飛び降りたときの生存率は80パーセントだから、案外生き延びれるかもしれないな。

どうしよっかなー。

書こうかな

悩む