散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

宝クジ感覚でいこう!泡沫ブログのブログ論

悩んでいる。

先月のなかばに勢い余って有料サービス(はてなブログPROの1年契約)を購入したんだけど、このペースじゃぜんぜん合わない。正直なところ1万円くらい僕のポテンシャルなら2〜3日で取り戻せると思っていたんだよ。甘かった。僕は40年もの人生で、いったい何を学んだと言うのだろう。


http://www.flickr.com/photos/128967336@N07/15428486443
photo by clint.mason_sa


10個もブログを作れるんだから、広く薄くコツコツとアクセス貯めていけばいいじゃない、ってのは分かってる。分かってるんだけど、考えただけでグッタリしてしまうんだ。僕という人間は、使わないだけで本当は貯金が大の苦手なんだよ。

ブログのカテゴリー

サブブログを1つくらいなら、なんとかなりそうだけど、今度はなにをテーマにするかで悩む。僕にはアフィリエイトを生業にしてる、最高に優秀なブレーン(ブログ友だち)がいるから、そのうちの誰かにアドバイスしてもらう手も考えた。

考えたけど、彼らもそこまで僕に詳しい訳ではないから、僕に何ができるかは、結局のところ自分で判断していくしかないんだよね…。何より怖いのは、そんな「金言」とも言えるアドバイスを無駄にしてしまうこと。僕には実行する自信がないんだよ。せっかくのアドバイスをドブに捨てるような真似はできない。僕はそんな人間じゃあないんだ。

ブックマークも減少

最近なんかブックマークもつかないんだよね…。これは僕だけじゃなくて、全体的に少なくなったように感じてる。昔ならかるく200〜300つきそうな記事が30くらいしかついてない。大量のさくらでもいたのかな。

僕も言うほどブクマが欲しい訳でもないんだけど、記事は読まれてこそだから、露出が減ってしまったのは痛い。現状はツイッターだけが生命線になっているんじゃないかな。あとはスマートニュースだっけ。

宝クジ感覚

いつか奇跡が起こるのに期待して、愚直に更新していくしかないよね。僕のような凡人はさ。いろいろ考えたところで、実力も実行力も無いんだから、おんなじ事だよ。

ただ目の前で起きたこと、正直な気持ちを、心のままに記述していく。それだけが今の僕にできることなんだよ。

こんなブログだって、生きてさえいれば、なにか良いことがあるかもしれない。そう信じて文字を打ち続けよう。



んじゃ、またね。