読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ



そろそろ本格的なサイトブロックがいるよね

ブログ

インターネットを見ていると、正月早々に気分の悪くなるニュースがあるよね。たとえば、肩こりで検索したら、それは幽霊のせいだ、なんてとんでもない記事とかさ。

そうゆう、不愉快な記事ってのは、最初からブロックしたいよね。できるだけ読むまえに排除したい。

いっぽうで、いつも自分が被害者だと思ったら大間違いだ。僕だってメディアの端くれだから、ひょっとしたら、僕の記事が、同じように誰かを不快にするかも知れない。

だからこそ、もっとシッカリとしたブロックが必要なんだよ。そうすれば、僕がなにを発信したって大丈夫。ちゃんとしたブロック機能さえあれば、僕が誰かを不快にすることは100パーセントなくなるってこと。


今、「そんなフィルタより先に、お前がブログをやめろ」そう思ったよね…。

おしい。

惜しいけど、それじゃダメなんだ。

まず、大前提として、僕は、ブログに好き勝手を書きたい。それもオンラインでね。オフラインじゃなく。

そして、僕にとっては、記事をどれだけ読まれるかは大した問題じゃない。誰が読むとか、読まないとか、そんなことは、正直どうでもいい。

本当に大切なのは、オンラインで「誰かが読むかもしれない」ってこと。そう考えるだけで、ドキドキするんだよ。油断できないあの感じが最高。

いや、もうフィルタするから、お前は存在しないのと同じだ、とか思うよね。

ところが、それも違う。

もしも、僕の記事を視界に入れたくない、そう思ったなら、自分の手を汚してブロックしなければならない。つまり、読む、不快になる、ブロックする、という、三つのプロセスを踏むんだ。いや、踏ませるんだ。そこで僕の存在は認知される。つまり、僕のプレイで読者を変えたんだ。

奇跡じゃないか。

インターネットにウン百万とあるページの中から、たった一つの僕と出会ったんだよ。一億人の中から、君を見つけた、レミオロメンのようにね。

そうやって、僕は、みんなから排除されていく。検索からもね…。

僕だってカネがほしい。

タイトル検索で上位されたいし、収支報告でドヤりたい。今月は100万超えました!とか、1000万ピーブイありがとうございます!とかさ。

ホントに憧れるよ。ウソじゃない。

いろいろ意見あるかも知れないけど、ブログでゼロから、1000万、2000万稼ぐなんて、最高にロックじゃないか。すごいよ。運でも、他人の褌でも、組織力でもなく、フラットなところから突き抜けるって、めっちゃカッコいい。

僕にその10分の1でも、そんな特別な素質があれば、生まれてきて良かったー、って、本気でそう言えるのに…。

残念ながら、僕にはなかった。

だからもう、呪うしかないんだよ。

ブログでは、地縛霊のような妖怪になって、なりふり構わず呪詛をまきまくるんだ。ブロックしたけりゃするがいいよ。

だけど、僕は逃げも隠れもしないぞ。


この歪な種で、捻れた木を育てるんだ。