読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

nanacoカードのポイントが10,000円当たったよ

Twitterでも報告したけど、1万円の抽選に当たってしまった。嬉しくて何度も書いてしまう僕を許してほしい。

セブンイレブンに「ナナコ」という、現金をチャージするカードがあるんだけど、これで払うと100円に1ポイントつけてくれる。

f:id:cild:20161221114418j:plain

ナナコの1ポイントは1円になるから、1,000円のお買い物すると10円分、10,000円のお買い物をすると100円分のポイントがもらえるんだよ。

ほかのお店やコンビニのカードに比べると、還元率は低いのだけど、新規で作ったときに200円分のポイントがもらえるのと、会計のときに小銭を出さなくていいから便利なんだよね。


ポイントゲットの方法

そんなナナコカードで、僕は今年に入ってから14,000円のポイントをゲットしてる。

f:id:cild:20161221113715p:plain
(履歴が3ヶ月分しか保存されなくて、1,000円ゲットのスクショが撮れなかった)

  • 抽選でポイントゲット

まず、いちばん大きかったのは、エクソンモービルの1万円。これは応募さえすれば誰でも抽選に参加できる。それに幸運にも当選した。もうひとつは、1,000円当たった。こっちは、応募してから2,000円チャージすると自動的に抽選してもらえる。

どちらも抽選だから、当たったのは運だけど、宝くじと一緒で、応募しないと当たらないというのも真実なんだよね。

しかも、応募の窓口がわかりにくいから、当たりやすいのかもね。

  • クレジットカードのポイントでゲット

あと、ポイントの交換で2,500円もらった。僕は、JCBのクレジットカードをメインに使っていて、こっちも1,000円につき1ポイントもらえる。

そして、JCBの1ポイントは、ナナコカードの6ポイントに変えられるんだよ。

これを、コツコツ貯めてたら、半年足らずで400ポイントあった。それを全部ナナコポイントに移動して2,500円分になった。


キャンペーンを見逃さない方法

「そんなのあったんだー(棒)」という顔をしてない?

いちおう、キャンペーンを知る方法を紹介しておくよ。

意外と勘違いされてるのが、「いちいちウェブサイトをチェックしなきゃダメなんでしょう? 」ということなんだけど、それは違うよ。

キャンペーンの情報はメールで受け取れば確実。

一番良いのは、会員登録のときメールを受け取るにチェックを入れておく。すると自動的にキャンペーン情報を収集できるよ。あとはメールの件名を流し読みするだけ。いらなかったらゴミ箱へポイ。

他にも、お気に入りのブランドやショップを登録しておけば、SALEの情報も見逃さなくてすむ。


予算と余白

もしかして「あ、そう。よかったね」という顔をしてない?

たしかに、こんな細かいことをシコシコやるのは面倒だしクールじゃないと思う。だけど、こんな時代だからこそ、バラまかれた小銭を拾いに行く姿勢が大事になるんだよ。

金額の大小じゃなく意識の問題なんだ。

たとえば、東京オリンピックの予算を見てもわかるように、今の世の中は「予算」という、極めて抽象的な概念でお金が流れている。

オリンピックの予算は、最初の700億が、一瞬で400億になった。差額の300億はいったい何だったの?という話だけど、これこそが資本主義のカラクリなんだ。

予算には必ず余白というか、ブレーキで言うところの「遊び」が設定されていている。企業の予算にも同じように遊びがあって、それは広告費や販促費、謎の還元キャンペーンといったカタチで消化されていく。

結局のところ、豊かさというのは、過剰な余白を生むだけなんだ。その余白になにを描くかは人それぞれ。それがケチなポイント集めだったとしても、いっこうに構いやしないんだ。

それに、クレジットカードとかの明細は、一ヶ月に一度はウェブでチェックしないと危ないから、そのとき一緒にポイントキャンペーンも応募するといいよ。

ポイントは、ノーリスクで儲かるから、このチャンスを生かしていこう。