読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

結婚式を全力で殴りたい

暮らし

何で結婚しなきゃいけないの?

誰しも一度は、そんなふうに思ったことがあるんじゃないかな。

ところが僕らは、大人になる過程で、結婚を常識だと思ってしまう。それが、さも当然のように、やすやすと受け入れてしまう。まるでよく訓練された娼婦のようにね。

本当は結婚なんてしなくていい。結婚式なんて、とんでもなく馬鹿らしい。

今日はそれを証明しようと思う。


f:id:cild:20161001104150p:plain

結婚の役割り

結婚、結婚と、わめく人たちの言い分を聞くと、おおむねこんなところになる。

① 愛の誓いを証明できる
② 相手が浮気しにくくなる
③ 相手が死んだら遺産を相続できる
④ 離婚したとき慰謝料をとれる

他にも色々あるけど、結婚で保証されることって、大きくはこの4つ。

まず、①結婚という契約書をつくると、続く②③④の権利を主張できるようになる。

僕からすると、どうぞご勝手に、という話しで、なにも大勢の人を集めて宴をやる必要はない。


だいたい離婚する

結婚式がいらないと心底思うのは、秒速で離婚したとき、それも浮気が原因のときだよ。

だいたい、結婚したところで、浮気は止められないんだよ。鎖で繋いでおけるわけじゃあるまいし。

それに、相手が浮気するのは、自分にそれだけの価値を相手が認めなくなったということだよ。バレたら傷つくのを、わかってて浮気するんだから。

したがって、浮気する、浮気して欲しくないために結婚するのは、意味がない。

これじゃ豪華な結婚式なんて、離婚の壮大な前フリじゃないか。せっかく祝ったのにバカにしてる。ふざけるなよ。


もう墓石の心配?

便宜上、結婚するのはいいよ。税金とかいろいろあるからね。

でも、そこに結婚式を付属しなくてもいい。式をあげようが、あげまいが、書類さえ役所に出せばいいんだから。

だいたい、遺産を残すくらいなら、生きてるうちに全力で尽くしてあげなよ。金銭的なことが心配なら、生命保険にしておけばいいし。


復讐の契約書

多くの既婚者は、おそろしいことに、④番の「離婚したとき慰謝料をとれる 」を、思いのほか重要視している。

これって、永遠の愛を誓いながら、近い将来、相手
がやらかす不義理にたいして、リベンジする契約を交わしているんだよ。

とんだ茶番劇じゃないか。そして、その茶番劇が、かなりの高確率で演じられる。

それは好きにすればいいよ。

だけど、結婚式をやって、そのあげくの果てだったら、ゆるせない。

もうそろそろ、結婚式をやったカップルは、出席者に一筆もらえないと、絶対に離婚できないとか、そんな法整備しなきゃダメだ。


結婚式は馬鹿らしい

僕は、結婚のぜんぶを否定する気はないよ。いろんな手続きをしやすくしたり、子供がいれば、そうゆう形式もありだよ。

だけど、人を集めて、愛だの永遠だの、馬鹿らしい誓いを立てるのはやめてほしい。それでもやりたいなら、別れたら、腹を召されるくらいの覚悟してよ。

離婚したら、いつでも実家に帰ってきていいよ、なんて冗談じゃない。人をおちょくってる。

そう考えてもらえると、結婚式という行事が、どれほど迷惑かわかるよね。

僕はホントに迷惑してるんだよ。

結婚はいい。だけど、結婚式あげて別れるのはゆるせない。

わかったか!