寝てる間に起こる不思議な現象

こんちは。寝ることが大好きなチルドです。

「寝る子は育つ」といいますが、僕は小さい頃からよく眠る子供でした。大人になった今も、1日に約10時間は眠って過ごしています。

お昼の休憩に1時間、仕事が終わって2時間、夜は本格的に7時間という感じですね。その他にも、スキマ時間があればとにかく寝ています。

一般的な成人の睡眠時間が、7時間前後といわれていますから、それよりもっと寝ている僕は、睡眠経験が豊富なんですよ。

そこで今日は、僕が寝ている間にありがちなことを紹介していこうと思います。


パンツが脱げている

よく寝たなー、と思って起きると、たまにパンツを脱いでしまっています。気がついたら裸になっていることがあります。

水分が失われている

朝起きるとノドがカラカラになっていることがあります。人間は寝ている間に約500mlの水分を失っているらしく、そのせいで水分不足になってしまうんですね。

キリン Volvic(ボルヴィック) 500ml×24本 [正規輸入品]

キリン Volvic(ボルヴィック) 500ml×24本 [正規輸入品]

足がつっている

寝ていると突然、足がピキっとなります。原因は、昼間の激しい運動や、ミネラルなどの栄養不足なんですね。僕の場合は、疲れていたり眠りが浅いときになりやすいです。

DHC マルチミネラル60日分 180粒

DHC マルチミネラル60日分 180粒

金縛りになっている

こちらも、疲れているときに起こりやすいです。しかも、金縛りになるまえは、あ、なりそうって感じが自分でわかります。

夜に訪れる恐怖―北米の金縛り体験に関する実証的研究

夜に訪れる恐怖―北米の金縛り体験に関する実証的研究

  • 作者: デヴィッド・J.ハフォード,David J. Hufford,福田一彦,和田芳久,竹内朋香
  • 出版社/メーカー: 川島書店
  • 発売日: 1999/01
  • メディア: 単行本
  • クリック: 5回
  • この商品を含むブログを見る

睡眠の効果

眠っていると、夢くらいしか見ない気がしますが、あらためて考えるとイベントが沢山ありますよね。

「寝る時間が惜しい」なんて言う人もいますが、僕は寝ているときがいちばん幸せです。寝ているときは現実を忘れられるんです。

また、睡眠時間については、あのホリエモンこと堀江貴文さんも、インタビューでこう答えています。

「僕の場合、睡眠時間がだいたい6時間を切るとかなりツライですね。パフォーマンスが低下して、翌日、使いものにならないんです。それは、もう10代の頃から経験的にわかっていることなので、睡眠時間を削って仕事をしようと思ったことはないです」

【堀江貴文さん】「ムダな時間を徹底的に削り、毎日6時間寝る」 ホリエモン流睡眠術 | 眠りの黄金法則 | Fuminners

睡眠は仕事のパフォーマンスにも影響してくるんですね。寝ることによって、辛い現実を忘れ、仕事の能率もあがる─。

寝ることには人生を豊かにしてくれます。もしかしたら、人間にとっては、睡眠が主役で、起きてる時間はオマケなのかも知れませんね。

みなさんも、ぜひ、しっかりと眠って最高のパフォーマンスで人生をエンジョイしてください。

良い睡眠で、良い人生を!