読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

なにその安っぽいメガネ

暮らし お買い物

ひさしぶりに姉と出会いました。意図した邂逅ではなく、偶然、エレベエタアのまえで鉢合わせてしまったのです。

2人のポケットモンスタア(子供)を従えた姉は、威風堂々とエレベエタアに乗り込んで参りました。

僕がやあと笑顔を向けると、姉はしげしげとこちらを見分し、快活な、歯切れのよい口調でこうおっしゃりました。

「なにその安っぽいメガネ」

世間にあまたある「姉」という存在は、数ヶ月ぶりに再会した実の弟に対して、この様な物言いをするものなのでしょうか。

子は親の背中を見て育つと申します。このような、姉の傍若無人な言動は、子供たちにどう映っているのでしょう。2人の子供のゆく末が心配でなりません。

僕は、心臓を射抜かれたような衝撃を、穏やかに押しと止め、口のなかでモゴモゴと、拙い言い訳を述べたように思います。

そして姉と2匹のモンスタアは去って行きました。入ってきたときと同じように、慌ただしく去って行ったのです。


ジンズ(JINS)の眼鏡は安っぽい。僕は一寸まえの姉の言葉を、独り、心のうちで反芻しておりました。


f:id:cild:20150916093229j:plain


たしかに価格がリイヅナブルなのは事実であります。しかし、安っぽいとまで断罪するのは如何なものでしょう。

僕はジンズの眼鏡のかけ心地には十分に満足しております。

なぜなら、勤め先のお得意様が愛用されているクロムハアツという20万円のメガネを試着させて頂いたおり、さほど変わらないという印象を持ったからです。

また、見た目もそこまでの違いはありません。そもそも初見のみでプライスまで判別できるほど眼鏡は単純ではない、というのが僕の出した結論でありました。

おそらく姉の考えはこうです。

「お、こいつ生意気にメガネをかけているな、どうせ安物だろう、ちょっと揺さぶりをかけておくか」

いくら強い言葉を使っても、彼女の発想は所詮その程度のものなのです。若いころは可愛いと、それから美人だと世間にちやほやされるせいで、ひねくれた性根になってしまったのでしょう。

幼いころは、もやしのようにか弱く、勉学に勤しんでいた姉は、変わってしまわれました。弟は嘆かわしく思っております。


個人的にジンズ(JINS)のメガネには満足しております。そろそろ2本目が欲しくなって参りました。なんと言いますか、心持ち、女子の方々にモテているような錯覚もあります。

遠くもハッキリ見えますし、たびたび置き忘れることさえ気をつければ、こんなに便利なアイテムはありません。



下記のリンクにて、眼鏡を購入した顛末を綴っております。宜しければ合わせてお読み下さいませ。