女の子はズボンはくとブサイクになるよ

生きる気力がなくなってる。

なんでだろうと、色いろ考えていたら、それはどうもズボンのせいらしい。ズボンが僕の気持ちを、いや、世界中から生きる気力を奪っているんだよ。

今日はそんな、ズボンの害悪について、僕の思うところを書いていくよ。本当に深刻な事態だから、女の子はしっかりと聞いてほしい。


いったい、いつからだろうね。女の子がズボンをはいてしまうようになったのは…。

僕が幼稚園のころは、保母さんもみんなスカートだった。僕は、あのスカートの中で暮らせたら、どんなに素敵だろうって、いつもそう思っていた。


f:id:cild:20170810085721p:plain


いや、じっさいそんなの無理だってのは、理解していたよ。僕が言いたいのは、スカートの中には、そこで暮らしたいと、そう願うほど、大きくて素敵な、夢と希望が詰まってたってことなんだ。

それをズボンは、ぜんぶ台無しにしてしまった。


大きなまちがい

「わたしスカートが似合わない」そんなセリフをどこかで聞いた気がする。

ひとつ言っておくけど、スカートが似合わなければ、ズボンはもっと似合わないよ。ズボンは本当に限られた女の子にしか似合わなくて、足がスラっと長くて、メリハリのあるスタイルじゃないとダメなんだよ。

だけど、そんな子は、スカートだったらもっと魅力的になる。あえてズボンは、あくまでバリエーションのひとつでしかないんだ。


射幸心がない

ズボンには射幸心がない。そして、スカートがなければマリリンモンローも生まれなかった。それほど、スカートには幸運がいっぱいある。

ある程度、歳を重ねてから「スカートはちょっとアレね」となるのはしょうがないよ。そこまで無理強いするつもりなんてない。

だけど、30代、40代、なんて、まだまだこれからじゃないか。ましてや20代なんて、ズボンはいちゃお終いだよ。

失われた10年は、スカートの失われた10年でもある。それが、日本経済の不景気につながっているんだ。夢も希望も、射幸心すら失われてしまったら、やる気なんて起きるハズもない。


スカートをはこう!

「なぜスカートをはかないの?」少しくらい、めくれたっていいじゃないか。さわったり、のぞいたりするのはマナー違反だけど、フワッと舞うくらいは、どうってことないよ。

じゃなきゃ、水着なんて着れたもんじゃない。オンとオフの切り替えと言っても、オフだからって、女性らしさを捨てなくてもいい。スカートは若い子の特権じゃないんだ。

女子高生が可愛いと思うのは、制服のスカートに頼るところが大きい。顔がちょっと地味でも、スカートで補正されるからね。その証拠に、体操着のズボン姿なんか見れたもんじゃない。


というわけで、みんなスカートをはこう。


弱った僕に、夢と希望、そして勇気を与えてほしい。