ブログ飽きた


おはよう。みんな元気かな。

僕はね、ブログというものに、ほとほと飽き飽きしてしまったよ。そもそも、僕らは、ブログを通じて、なにをしたかったんだろうね…。

きのうは、日がな一日、陽のあたる縁側で、ダビスタとマインクラフトをやっていたよ。両方とも、とても優れたプロダクションじゃないかな。

疲れたら寝て、また起きてゲーム。

よく考えたら、子供の頃、夢見た生活って、ゲームだけして、ゴロゴロ寝てたいっていうのも、あったっけ。

もしかしたら、その夢は叶っているのかも。

中学、高校と進学して、大人になるうちに、大それた野望を抱くようになって、ずいぶん遠回りしてしまったけど、僕が本当に望んでいたのは、今日みたいに、おウチでのんびり、ゲームしたりごろ寝することだったのかも知れない。

なにかを成し遂げるには、それ相応の努力がいるし、人から抜きん出るには、資本的に豊かにならなきゃいけない。

でも、そんなの、誰かと比べるだけの、相対評価でしかないし、生きていくために必要なものでもない。

自分という存在を、しっかり受け止められれば、なにひとつ不足するものなんて、有りはしないんだ。


弱者救済

そこで思いついたのが、情弱向けサイトなんだよ。

世の中を見まわしてみると「え!そんなことも知らなかったの!?」という人々がいるよね。

たとえば、お米の研ぎ方とか、バスの乗り方だとか。僕らが、常識と呼んでいるカテゴリー。

でも、それを知らない、分からないよ、という層が、この社会には一定数いるんだよ。また、フィッシングメールや、架空請求に引っかかる層も、一定数は必ずいるんだよ。

結局のところ、ビジネスの成功ってのは、そこをうまく突いて、なおかつ合法的であること。僕はそう考えたんだ。ジャパネットみたいなね。

翻って、最近のインターネットは、老人から子供まで、誰でも使えるプラットフォームとして、現実社会とシームレスにフュージョンしつつある。

そこで僕は、情弱に特化したブログを作ろうと思う。

「お米の炊き方」で検索する。その時点で、すでに優良顧客であることは証明されているからね。Google一押しの、エッチな漫画広告を踏んでくれる確率が、段違いに跳ねあがるんだよ。

別ブログでローンチするから、こっちがちょっとお留守になるかもだけど、ちょくちょく報告もしていこうと思ってる。



そんなところです