散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

交通事故を80パーセント回避する裏ワザ。軽自動車のマル秘ドライビングテクニック

こんちは。軽自動車歴20年の僕です。

車の事故って怖いですよね。先日も、僕の目のまえで軽自動車が派手にクラッシュして、ゾっとしました。

f:id:cild:20170411085632p:plain

みなさんも、急な割り込みや、強引な右折にヒヤっとした経験があるのではないでしょうか。

ところが、そんな交通事故を80パーセント回避する方法があるのです。


80パーセント回避の術

僕もはじめは「そんなの無いやろ」と思ったのですが、話を聞いて納得しました。

ひとくちに交通事故と言っても、事故には相撲の決まり手と同じくらい、いろんなパターンがあるんですね。しかし、その八割は「交差点の出会い頭」と「追突」なんです。

つまり、交差点と車間距離、この二つを厳重に注意していれば、交通事故の80パーセントは回避できるのです。


車間を制する

まず車間距離ですが、前方の車が急ブレーキをかけたと仮定して、3秒の余裕があるかどうか。それが目安です。

車間距離って、しっかり前を見ていれば、かなり詰めても大丈夫です。しかし、ボンヤリしているとぶつかってしまいます。

そこで、普段から車間を詰めない習慣をつけておきます。日頃から、車間は詰めないと固く誓っておけば、イザという瞬間のブレーキが間に合うのです。


これで追突を80パーセント回避できます。


交差点を制する

ふたつ目の交差点ですが、そもそも「交差点をどうやって気をつければ?」と思いますよね。

減速ですよ。

前方に右折車が見えたら減速、歩行者が見えたら減速です。減速を徹底してください。

ちなみに、信号のない横断歩道に人が立っていたら、車は止まらなければ違反になります。

交差点では見えない死角に、自分を狙う刺客が忍んでいると、しっかり肝に命じてください。

それでも、突っ込んで来られたらどうするの?と思うでしょう。

止まるのです。交差点の事故では、止まっている方が圧倒的に有利なのです!

要するに、交差点を制する者が事故を制す、ということですね。


最後に

事故を80パーセント回避するワザ、という話題でしたかいかがだったでしょうか。

実は、このテクニック、どこかの自動車教習所の所長が話していた内容です。ソースをさがしたのですが見つからなかったので、思い出しながら書いてみました。

交通事故の防止というのは、得てして「気をつけましょうー」という感じの、フワっとした啓発が多いですよね。

そんな交通事故界に「事故の種類を分析して確率の高いところを潰していく」というロジックを提唱したのは、とても素晴らしいと感じました。

繰り返しますが、 交通事故の八割は「交差点の出会い頭」と「追突」です。

みなさん、本日も安全運転でお願いします!



どうぞ、お役立てください