散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

なぜ残業が無くならないのか僕が教えてあげよう


こちらの記事を読んで、不覚にも白米を吹いてしまった。 残業について、データとアンケートをこねくり回すなんて、あまりにもナンセンスじゃないか。

「なぜ残業が無くならないのか」なんて、普通のサラリーマンなら、みんな知っている。そこで今から、僕が、なぜ残業が無くならないのか、カンタンに説明するよ。

つまりこうゆう事。


残業が無くならない理由

たとえば、社員10人でやっていたところ、新規の仕事を受注して、作業量が1.5倍(150%)になったとする。この先、受注がさらに増える可能性があれば、社員を5人増やせばいい。そこまで楽観的じゃなければ、補助的な派遣やパートを5人雇えばいい。

つまり、残業を無くしたいのと、人員を増やすのはイコールなんだよ。

ただ、いったん雇ってしまうと、仕事量が130%になったとき、2人切るのはカンタンじゃない。同条件で雇った5人のうち、2人切ろうとすると、たいてい、その2人が抵抗して、残したい3人が辞めたりする。そこで、うまく減らせても、また仕事が増えたとき、新人を雇いなおして、イチから教育しないといけない。

要するに、効率悪すぎるんだよ。

経営者だって、そーゆーのでゴタゴタするくらいなら、今いる社員ヘ50%分、残業させた方がいい。

数字的な面では、月給20万円の社員(100%)と10万円のパート(50%)を雇うくらいなら、社員に残業代(5万円ほど)やって150%の仕事をさせた方がいい。

つまり、民間企業は、仕事が150%なったからって、安易に人を増やせないんだよ。役所じゃないんだから、データだけ見て、安定的に仕事を受注できたりしないんだよ。だからアンケートも無意味なんだよ。

経営者の立場から、本音を言ったら、残業なくしたら金かかるし面倒くさい。ついでに言うと、残業しない前提で働かれると自分(会社)が困る。仕事が残ってるのに、社員が法令尊守して、みんな帰ったらどうする?

電通の件にしても、法令尊守してたら一案件に3人くらいついて、人件費100万は、かかるはず。聞いた話じゃ、クライアントが休日だろうが深夜だろうが、回答求めてくるらしいから、3人は絶対いる。

でも、クライアントが電話して、担当者が毎回ちがう人間に変わったらどうなる? 広告業はよくわからんけど、たぶんイチから進捗を確認する余裕なんて、ないんじゃないの?

それなら、最初から1人に24時間営業させて、100万やった方がいい。

もう一回いうけど、役所じゃないんだよ。

いや、役所の仕事をディスってるんじゃなく、民間企業は、いくら経費が増えても、カンタンに予算の追加はできないってこと。

もう、言うまでもないんだけど、残業を無くすのと、人員を増やすのはイコールなんだよ。

つまり、本気で残業無くそうぜ、って思うなら、人を多く雇った会社が得するような仕組みにするしかない。それか、法令尊守しない経営者を徹底的に処してくれ。無期懲役でいい。

次に労働者側の調査結果を見てみましょう。

じゃねーよ!

データとかアンケートをこねくり回すんじゃなく、それを考えろ。




僕は知らんぞ。