読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

庭を荒らすイノシシ

暮らし

近所のイノシシが増えた。夜になると、庭のほうでガサゴソ音がして、翌日見てみると、ゴッソリ掘り返されている。せっかく植えた草花も、お構いなしに掘りかえして、文字どおり根こそぎになっている。どうやら、庭のミミズと、根っこ、自然と生えた山芋を掘り出したらしい。


f:id:cild:20170401155221p:plain


車の運転中にも見かけた。体長1メートルの親イノシシと、小さい子イノシシが3匹。親イノシシを先頭に、トコトコ道路を横断していた。あれは、カルガモの親子みたいで可愛い。でもその道はトラックも走る国道だから、大型が来ればイチコロになる。

今朝は、玄関の植え込みに、鳥の羽根が大量に散らばっていた。おそらくアイツ(イノシシ)の仕業にちがいない。怖いのは、鳥の羽根だけ残って他の残骸(骨など)が、まったく見当たらないところ。完全に喰い尽くしたんだろう。バリバリバリ。

先日は、ランニング中に遭遇した。他所の庭からバッ!っと飛び出してきて、ドリフトしながら曲がって行った。 イノシシって、漫画より漫画の動きをする。それから、アスファルトとかコンクリートと相性が悪いらしくて、足が滑りまくる。スケートリンクかってくらい滑りまくって空転する。そんな感じで、こっちが全然、気付いてなくても、大慌てで逃げていく。

その勢いたるや、尋常じゃない迫力でもって、突撃していく。あれが、こっちに向かって来たらヤバいと思う。

そうなったら、逃げるか迎え撃つか、迷うところ。でも、逃げられるスピードじゃないから、迎え撃つしかない。直前まで引きつけて、飛びヒザか、間合いをとってのサッカーボールキック。もしくは正拳突きかな。いや、手は危ないか。こっちが骨折しそう。

でも、このところ、あまりに荒らすから、駆除の話題が持ちあがっている。花の球根を根こそぎやられた、お隣さんの目の色が変わっていた。

そう考えると、アイツ(イノシシ)は不器用だなと思う。犬や猫のように、人懐っこければ、共存の道もあっただろうに…。

イノシシは、見つかったら、全力の逃走か、全力の突撃かの二択しかない。おそらく、ほかの家畜とちがって、臆病で警戒心が強すぎるせいだろうか。

臆病で警戒心が強すぎると、共存は難しい。

今日もまた公園から、ふらりとイノシシがあらわれた。やはり、心を開く気はないらしく、トコトコトコと、道の端っこをすり抜けていった。

僕は、すれ違うイノシシに自分を重ねていた。