読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

老いたおじさんはベッキーが見たい

暮らし

近ごろとんと音楽や小説、テレビなどに関心が薄くなってしまった。

学生のころは、洋楽を一晩中聴いたり、寝食を忘れて小説の世界に没頭したこともあったのだけれど、それも遠い昔…。これが「老い」という物なのかな。

それでも、ブログを書いたり、マインクラフトを毎晩3時までプレイしているから「老い」よりも「飽き」かも知れない。

ピクサーが言うように、感動は作れるものであって、すべてのストーリーやメロディは定形化できる、ある種のパターンがある。

それは「君の名は」にも感じたことで、何というか、各種のエンターテイメントが、感動のパーツを組み合わせた、機械仕掛けの時計のように思えてしまう。それがつまらないというワケではなく、計算されているようで冷たいのだ。

芸能人にしても、個性的でありながら、ブランディングという枠の中で、キチンと仕事できるマジメなキャラクターが人気になっている。りゅうちぇる、などがその最たるものだ。

そして、一番悲しいのは星野源だと思う。星野源を見るたびに、芸能人とは何なのか、星野源の歌声を耳にするたびに、音楽とはいったい何なのか、強烈に思い知らされる。

何を言いたいのかというと、僕はこの2人が、あまり好きではない、ということになる。むろん、会ったこともない人を否定する気など、さらさら無いけれど、電波に乗ってやってくる、あのイメージには、正直なところ暗い気分になる。


早くベッキーに会いたい。


今日はそんなところです。


じゃあ、またね