散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

変化をポジティブに感じられなくなった

昨日はブログを休んでしまった。

真面目な話し、グーグルアドセンス(広告報酬)という人参をなくして、僕のモチベーションは消えてしまった。がんばって書けばいいじゃない、と、そう思うかも知れないけど、がんばったら人間オシマイなんだよ。

即興のリリックで1万ピーブイの慈雨を降らせる。それがクールなブログってもんだよ。努力なんて、誰にだってできる。努力なくして報酬を得るのが難しいんだ。僕は、困難な道にチャレンジしたい。あえてね。


それはともかく、今までふつうにあった日常が、ふとした拍子に変わってしまうのは、よくある話で、僕はわりとそんな変化を歓迎してきた。

退屈な日々をビビットカラーに変えてくれる、変化という名のメタモルフォーゼを待望していた時期もある。それが、最近、どうも受け入れられない。


ボーナスカット

直近の変化は、ボーナスのカット。社長が交代して、業績不振が理由のカットになのだけど、その後、無計画な投資をして500万円の損失を出した。

500万円と言えば、僕ら社員全員の5年分のボーナスに匹敵するワケで、もう、何がなんだかワカラナイ状況になっている。

この変化は、僕の人生の中でも特筆すべき変化というか、理不尽であって、僕の記憶のメモリアルパークに、巨大な銅像くらいの存在感でもって鎮座している。


友人との予定

今年に入って、人に会う予定が、立て続けにおじゃんになってしまった。自分で、もういいか…となってしまったり、相手からの断りであったり。理由はさまざまだけれど、僕自身が、人と会うのがイヤになってしまった。

先日も、小学校時代の旧友と会う予定にしていたのだけど、もういいか…、となってしまった。これは、旧交をあたためるより、もう面倒臭い、というネガティブな感情が上回った。

強いて理由をあげるなら、蓄積した人生の負債かな。もしも、仕事やプライベートが好調なら、会っても楽しいはずなんだよ。

でも、今の現状を話すのは、僕にとっても相手にとっても、楽しいことじゃない。


老化現象

いろいろなことが億劫になるのは、単純な老化現象なんだと思う。原因は、自分にあるんだろうね…。

ただ、ボーナスカットにしても、友人との予定にしても、その背景にあるのは、人に対する期待がなくなったってことなんだと思う。

相手から受け取るメリット、僕が与えられるメリット。メリット、デメリットという話しではないのだけど、過ぎ去ってしまった時間が、あまりにも無残で、かなしい気持ちにしかならない。

人も時代も、どんどん変わっていく。僕がいくら同じでも、それは、成長がないとか、変化に付いていけないとか、決してポジティブには捉えられない。

もう、抱き合うことのない彼女だけど、変わらなかったのは、この関係だけだった。いつも寝るときは、手をつないでもらうようにしている。



f:id:cild:20170316090532p:plain