読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ



どうして僕は臭くなってしまうんやろう

暮らし

土曜日にお家に帰って、やれやれ、明日はやっとお休みだよ、とか思って油断していると、夕方から次の日の朝まで爆睡してしまう。

それで、目がさめると、なんか臭いんだよ。毛布かな? と思って匂うけど、どうも違う。部屋着かな?と思って、手の甲や袖口を鼻でクンクンするけど、そうでもない。

もしやと思って、シャツの襟をひっぱって、顔を突っ込むと、やっぱり臭かった。臭いのは誰のせいでもなく、僕自身だったんだよ。サイアク。

これが加齢臭ってやつなのかな。

僕は、けっこう、ニオイに過敏で、洗濯した下着やタオルが乾いても、ちょっと匂うと、洗い直して!って、駄々をこねる。それが僕の数少ないわがままの一つなんだよ。

他の人のニオイは、そこまで気にならないけど、自分が発生源になるのは嫌なんだ。

僕が駄々をこねると、彼女は「そうかしら…?」と言いつつも、イヤな顔ひとつせず、すぐに洗い直してくれる。

僕は、自分のわがままが通ったことより、まるで暴君のように振る舞ったことが、ちょっと気まずい。だけど、ホントにクサいんだよ。

そんな彼女は、もう68歳になるけど、ぜんぜんクサくない。寝ているスキに、色んなところに顔を押しつけてクンクンするんだけど、まったく匂わない。女の子って、クサくならないように出来てるんだろうか…。

なのに、どうして僕はクサくなってしまうんやろう。やっぱりニコチンが皮膚からにじんでくるのかな。お酒は飲まないから大丈夫なのだけど。

困ったもんだ…。