読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ



コロンビアの暴れん坊【カークランド】の極細引きコーヒー粉を買ってみた

お買い物

自宅のコーヒーはドリップパック派の僕です。

こんにちは。

たまにはコーヒーの香りを楽しみたいなー、ということで、Amazonのコーヒー粉、カークランド(KIRKLAND )のコロンビア100%を購入しました。


【KIRKLAND カークランド】

届きました。

f:id:cild:20170201092829j:plain

これ、めっちゃデカくない?

500mlのペットボトルと並べてみました。

f:id:cild:20170201092908j:plain

インターネットの情報はアテにならない、と言いますが、これほどイメージと現実にギャップがあったのは初めてですね。

無邪気に驚いてます。

嬉しい誤算というか、1.36キロって、こんなにデカいんや…。


開封の儀

さっそくフタを開けてみると、アルミのフタがされていました。鮮度は保たれていそうですね。

f:id:cild:20170201094908j:plain

オープン

f:id:cild:20170201093148j:plain

ああ、けっこういい匂いしますね。

しかし、めちゃくちゃ細引きです。アイスコーヒー用と変わりないくらいです。


ペーパードリップ

わが家のキッチンにセットしてみました。
粉は細引きなので、スプーン1杯です。

f:id:cild:20170201094749j:plain

f:id:cild:20170201093715j:plain

お湯が沸いたので、ひと休みさせてから注いでいくのですが…

f:id:cild:20170201093737j:plain

ぜんぜん膨らみませんね…。もしかして古いのか、極細引きのせいなのか、香りもあまり立たず…

f:id:cild:20170201093817j:plain

抽出完了しましたが、コーヒーの香りはなく…
強いて言うなら、スターバックスの匂いでしょうか。

なにやら不穏な空気が漂っています。


飲んでみた

f:id:cild:20170201094030j:plain

おそるおそる飲んでみたんですが、嫌いじゃないです。

しかし、微妙です。これは、コーヒーなのか…?


「お前、どこのモンだ?」

「カークランドだ」

「…じゃあ、仕方ねぇな」


という感じです。


真面目な感想

Amazonのレビューでは、謎の高評価なんですが、正直に言って美味しくはないです(キッパリ)。

香りが無いですし、苦味と酸味が強いのに深みがありません。あと口は、コーヒーというより濃い目の番茶を飲んだ感じです。

僕は、いつもブラック(砂糖なし)なので、問題なく飲めたのですが、ふつうのコーヒーが飲みたい人には、オススメできません。

ミルクとの相性は良さそうなので、工夫次第ではなんとかなるのかな。香りだけ、みたいな豆とブレンドするか。うーむ。


コスパとカフェインは最強

しかし、そのデメリットを覆す、強烈パンチがあるんですよ。カークランドには。

まず、カフェインの濃度がすごい。これ飲んだら一発で目が覚めます。そして、コストパフォーマンスが圧倒的。この1缶で、300杯くらいとれるんじゃないでしょうか。

しかも1,36キロで¥ 2,100 です。

100グラム当たり¥155(2,100÷13.6=154.4)ですよ。

おまけに、一般的な中引き粉の倍は抽出できますから、1杯単価¥10切ってしまいそうです。

コーヒーを…、いや、カフェインをくれ!、という層には、自信を持ってオススメできる一品でしょう。

しかし、すごいパンチです。

カークランドのハードパンチには驚きました。

世界は広いです。



コロンビアの純血種【カークランド】の極細引きコーヒー粉を買ってみた …という話題でした