散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ビルケンシュトックの洗礼。モンタナオイルドレザーは重厚な質感です

とうとう、あこがれの靴を手に入れました。

ビルケンシュトックの「モンタナ・オイルド・レザー」です。カラーはハバナをチョイスしました。


f:id:cild:20161027130724j:plain


どうです?

この、限りなく重厚な質感。そしてユニークなフォルム。

まるで自分が、中世ヨーロッパの世界に降り立ち、ディケンズの小説「大いなる遺産」の登場人物になった気分ですよ!


ウェルカムトゥホーム

▶ビルケンシュトックが僕の部屋に
f:id:cild:20161027130844j:plain


▶ちなみに価格は ¥24,840 です
f:id:cild:20161027130858j:plain


▶オイルドレザーが分厚いです
f:id:cild:20161026183944j:plain


▶ECCOの革靴と比べてみました
f:id:cild:20161026184718j:plain


▶ボトムと合わせたら自然な印象
f:id:cild:20161027131442j:plain


▶さらに詳しくはウェブで!


店員の女の子を好きになってしまった

読者のみんなには「またか」と怒られそうですが、そうなんです。店員の女の子に恋をしてしまいました。

今回、僕は、ショップへ購入に行ったのですが、運命を感じました。

今度こそ本物です。

彼女は、僕の足のサイズを測ってくれたり、靴をはかせてくれたりして、まるで自分が王子様になった気分でした。

驚いたのは、靴ひもを結ぶとき、彼女は「こちらに足を乗せてくださいね、グッと踏みこんでいいですよ」と言って、自分の太もものうえに、僕の足を乗せるのです。

未使用の靴ですから、服が汚れる心配はないとはいえ、女性の太ももに足を乗せる経験は初めてだったので、びっくりしてしまいました。

それに、足の裏から、彼女の太ももの柔らかさが、やけにリアルに感じられてしまって…。僕の心拍数は急上昇して、高鳴る鼓動が周りに聞こえてしまいそうでした。靴ひもを手際よく結んでくれる指先が、とても素敵で……。

気がつくと僕は、彼女のしっとりとしてツヤツヤした髪に思わず触れていました。すると彼女は、パッと顔をあげて、髪をかきあげると、僕の胸に飛び込んできたのです。

運命の出会いって、本当にあるんですね。

すいません。後半ウソです。僕の願望と現実の境界がゴッチャになってしまいました。

本当に、とてもキュートで、笑顔の素敵な店員さんでした。親切にありがとうございます。



はき心地

ところで、肝心のはき心地なのですが、モンタナ・オイルド・レザーは、めちゃくちゃ堅いです。

ボディはそれほどでもありませんが、靴底が岩のようにカチカチなのです。なので、足に自信のない方は、インソールタイプがおすすめですね。

僕は、堅いモンタナと、柔らかいインソールタイプの両方を試着したのですが、あえてモンタナを選びました。その理由は、もっと高いところを目指したかったからです。

たしかに、最初のはき心地は大事かも知れません。しかし、最初から足にあまい靴を選んでしまったら、人はそこから成長できるのでしょうか。

僕は、モンタナをはき続けることによって、オンリーワンになりたいのです。

つまり、靴から良い履き心地を与えられるのではなく、自分が靴と成長できるのか考えなさい、ということです。

軽くやわらかい靴を否定するつもりはありません。しかし、軽くやわらかい素材は、それだけ耐久性も軽く、持続性も柔らかいということなのです。



靴への愛着

今年になってから、高級ダウンジャケットやカメラなど、いろいろなアイテムを買ってみたのですが、僕は靴が好きなのかも、ということが分かってきました。

靴には不思議と愛着が湧くんですよね。

好きなものは、人それぞれですが、それが僕にとっては靴だったのでしょう。これからは、靴に愛着を持つのが、ひとつのライフワークになりそうな予感がします。

ファストファッションがトレンドになっている昨今ですが、良いモノを長く使うのは、やっぱり気持ち良いですね。

みなさんも、ぜひ、自分の好きなアイテムを探してみてください。それはきっと、あなたの日常を、もっと豊かにしてくれるはずです。