読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

黙れ!僕はブログ王だぞ!

ブログ

きのうは威勢のいいこと書いちゃったね…。

クラシックカーイベントが残念だった件 - 散るろぐ

でも、ホントは違うんだよ。僕だって、ブログ王である前に、ひとりの人間だからね。

そもそも「ブログ王」ってなんだよって話しだよね。

そこで今日は、ブログ王の真実を少しだけ伝えようと思う。

f:id:cild:20161021093353p:plain

あまり強い言葉を遣うなよ…弱く見えるぞ

本当のこと言うと、僕はクラシックカーの爆音が怖かった。

あんな凄いエンジン音をたてているから、身も心も萎縮してしまって、なにも言えなかった。目も合わせられなかった。怯えてたんだ。

だって、あーゆうクルマ乗ってる人たちって、ちょっとワルそうじゃない。(悪いひとではないと思うけど…)

だから、実際に文句を言ったりなんて、とてもじゃないけどできない。ましてや、注意なんてしたら、僕の身がキケンにさらされてしまうじゃないか。

でも、なにも言えないなんて悔しい。なにより、そんな状況で、怯えてしまう自分がゆるせなかったんだ。


弱っちい僕

要するに僕は、大きな音にビックリして、萎縮してしまった。それなのに、何もできないチキンなんだ。

僕はその反動で、強い言葉を使ってしまう。本当に強い人なら、インターネットでコソコソなんてしない。もっと実際的な行動や発言をするからね。

そんな弱っちい僕でも、インターネットなら、誰にでも、中指を立てることができる。プロバイダ責任制限法の陰から、石を投げることができるんだ。


ブログ王爆誕

卑怯だと思うよね。僕もそう思う。カッコ悪いとも思うよ。これじゃ、女の子にモテなくて当然なんだ。

だけど、一方で、「それがどうした?」と開き直ってる僕もいるんだよ。そんな見栄や体裁なんて、脱ぎ捨ててしまって、ブログ王になれよ。

ブログ王は、どんな権力にも屈っしない。誰にも指図されない。女の子にだってペコペコしない。好きなように振るまい、言いたいことを言うんだよ。

それが、僕にとってのブログであり、インターネットなんだ。

ブログにいる限り、僕は王であり続ける。

それがブログ王なんだ。