読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

無糖のアイスカフェオレを一瞬で作る方法

暮らし

近ごろ暑くなったから、僕の夏の定番を教えるよ。

サッパリして口に残らない、それでいてガブガブ飲める、魔法のレシピだから、ぜひ参考にしてみてね。


f:id:cild:20160725091615p:plain


用意するもの

  • 市販の牛乳
  • 無糖のアイスコーヒー
  • 2リットルの空ペットボトル


もう、察しがついたと思うけど、そうなんだ。市販の牛乳と、市販の無糖アイスコーヒーを、2リットルのペットボトルへ投入する。たったそれだけ。

値段もそれほどじゃない。Amazonで見たところアイスコーヒーの無糖は1本あたり100円以下。市販の牛乳は、とりあえず一番高いのがいい。それでも300円くらい。


手間いらずで美味しい

「それって旨いの? 」って思うかも知れないけど、普通に美味しいよ。ホットコーヒーは自分で作った方がいいけど、アイスカフェオレは、こっちの方が美味しい。

「はぁ?500mlのカフェオレ買えばいいじゃん」

って思うよね。ところがあれは、砂糖や甘味料が入ってるんだよ。たぶんコストの関係でミルクを増やせないんだよ。だから、足りないコクを甘味料で補ってるんじゃないかな。

それが、けっきょく甘ったる〜いカフェオレになる。その点、こっちはスッキリしてるけど、濃厚なあと口。無糖だけどミルクのコクがしっかりあるからね。


コーヒーの99%は水

アイスコーヒーを作ってるUCCには、2つ工場があって、どちらも上質な天然水がとれる。コーヒーの99パーセントは水だから、良い水で作ったカフェオレがウマいのは、当たり前なんだよ。


レギュラーコーヒーを抽出した場合、抽出したコーヒー1カップ中にコーヒーの成分が溶け込んでいる量はわずかで、約99%は水。
そのため、同じコーヒー豆でも、抽出に使う水によってコーヒーの味は大きく変わってくる。そこで今回はコーヒーをいれるのに相応しい水とはどんなものか考えてみよう。


つまり、『フレッシュな牛乳+美味しい水+アイスコーヒーに適したコーヒー豆』、と、美味しいアイスコーヒーを作るための要件が、すべて整っている。

ちなみにアイスコーヒーはUCCじゃなくてもいい。キー珈琲でもいいよ。

お好みでどうぞ。


隠し味

自分で試してないのを、紹介するのはどうなんだと思うけど、キャラメルソースというのがあるらしい。

これだ。


ギラデリ キャラメルソースミニボトル 482g

ギラデリ キャラメルソースミニボトル 482g


これを入れると、カフェオレが劇的に旨くなるらしい。ファミリーマートで採用されてるみたい。


「え!?無糖のメリット消えとるやん」という、矛盾をはらんでしまったけど、甘くないカフェオレはカフェオレじゃない層もいると思って、あえて提案してみた。

どっちにしろ、圧倒的なコストパフォーマンスになることは、わかってもらえるよね。

これを混ぜて冷蔵庫に入れておけば、冷えたカフェオレをガブガブ飲める。その都度グラスで混ぜてもオッケーだよ。


子供にも安心だから、ぜひ試してみてね。


ではでは。