読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

ブログを辞めるのは根性が足りないから

ブログ


こんちは。チルドです。

今日はちょっと厳しいことを言います。

みんなブログ始めるじゃないですか。そして、しばらくすると辞めてしまうんです。ブログは仕事でも、強制されて書くものでもありませんから、辞めるのも自由です。

それは分かってるんです。

分かってるんですが、なんて言うか、言い訳がましいんですよ。やれ、多忙になっただの、誹謗中傷されただの、モチベーションを失っただの…。

辞める人間は、本当にもう、ありとあらゆる理由を並べ立てるんですよ。それこそ、百万通りの、もっともな理屈があるわけです。

でも、多忙でもブログ続けてる人、ふつうにいますよね?

誹謗中傷されたって、基本的にはブログサービスが対応してくれますよ?

モチベーションを失うなんて論外だ!

最初はね、最初は、みんな元気いいわけですよ。そのときは。

でも、しばらくすると、誰も見てないー、とか言うんです。そして、一日空き、二日空き、三日目には、もう辞めてます。

根性なしです。

そう言えば、一年くらいまえに、「好きなことを書いてなにが悪い!オレは絶対に辞めないぞ!」とかなんとか、言ってたブログがありましたけど、もう居ませんね。

足りない。根性が足りない。

読まれなくたって構わないじゃないですか。

書きましょうよ。

読まれなくても続けてるブログ、いっぱいありますよ。儲からなくても続けてるブログも、いっぱいあります。

多更新で息切れしたっていいじゃないですか。たまには書きましょうよ。

いろいろ言ってたら、なにを書きたいのか分からなくなりましたが、つまり辞めるのは、全部ひっくるめて、根性が足りないからなんです。

根性を見せてくださいよ。

僕からのお願いでした。