まだ実家で甘えてるの?

こんちは。一人暮らしを始めたチルドです。

僕が新しい部屋に引っ越して、まだ一ヶ月だけど、やっぱり、実家暮らしのときって、甘えてたんだなと思う。

今日はそんな話をするよ。

f:id:cild:20160314115715p:plain


みんな、お湯ってどうやって作るか知ってる?

そう。ヤカンに水をいれて、ガスにかけるんだよ。

どうして、こんな当たり前の話をするかって言うと、お湯を沸かすのには、お金がかかることに気付いたからなんだ。

いや、僕だってお湯をタダで沸かせるなんて思っちゃいないよ。だけど、自分でお金出してないから実感としてなかったんだよ。

一人暮らしをはじめて、ガスや水道料金の支払いをしたら、それが急にリアルになってきたんだ。

そういえば、実家では、僕がお湯を沸かしていると、ポットのお湯を使えって言うんだよね。だけど僕は、お水をコンロで沸かすのが大好き。ポットのお湯は、古い気がするもん。

今この瞬間に、ジャーっといれた水をガッ!と沸かしたら、フレッシュな気分だからね。

ところが、自分に請求がくるようになると「もしかしてポット(電気)の方が安いかも…」とか考えはじめる。

それからはもう、節約、節約だよ。

ちょっとシャワーを浴びようとすると、「いや待てよ…スポーツクラブで浴びればタダだよな」とか、トイレに行きたくなったら「いや待てよ…コンビニか駅まで我慢すれば水道代タダだよな」とかってなる。

だけど、そこでまたハッとしたんだ。そもそもお湯を沸かすのはタダじゃないって。それはどこだって一緒なんだって。

スポーツクラブは、会費を払ってるから良いとしても、コンビニとか駅の設備は、あくまでサービスなんだよ。だから、自分の節約のためにトイレを借りるのは、マナー違反というより、泥棒に近い。

節約、節約と言っても、節約目的で公共の設備を使ってしまうと、それは泥棒になっちゃう。

ガスも電気も水道も、ジャブジャブ使いたいと思ったら、ちゃんと仕事して稼がなきゃダメなんだよ。

実家暮らしじゃ、そんなことも考えられなかった。一人暮らしは厳しいけど、僕を成長させてくれた。

だから、もしもまだ、実家で甘えてる人がいたら、一人暮らしを経験しないとダメ。立派な大人になれないからね。


じゃあ、今日はここまで。