散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

臭いの消えないオナラ

今日は、更新の予定はなかったけど、どうしても吐き出さずにはいられない、悩みを打ち明けるため、キーボードを叩いています。

その悩みとは、オナラについてです。

実は今年の正月を過ぎたころから、自分のオナラを、自力で消すことができなくなってしまいました。

勘違いしてもらっては困りますが、オナラを消せなくなったと言っても、オナラそのものを消したり、臭いをろ過できなくなった訳じゃありません。

「音」を消せなくなってしまったのです。

通常であれば「バフェ」「ブホ」などが、自然ですが、静音性を求めるときは、肛門に調整を与えることで「す~」と、していました。

ところが、元旦の朝からというもの、いくら工夫をこらしても、「音」を消せないのです。

自分なりに努力はしました。

放屁の予感がするたびに、腹圧を加減してみたり、肛門をすぼめてみたり。

しかし、一向に改善の気配がありません。

それどころか、音はますますひどくなる一方です。挙句には、今までどうやって音を消していたのか、いくらお尻をひねっても、思い出せなくなってしまったのです。

いま、笑ったひとは、今すぐこの部屋から出ていってください。人が真剣に話しているときに笑うとは、何事ですか 。

いいですか。つぎに歯を見せたらこうですよ。

そう言って僕は、お尻を突き出し、パンッ!パンッ!と二度、臀部を強く叩いてみせた。

続けますよ。

肛門をすぼめた

音を消せていた時代の記憶をたどってみると、やはり射出口に工夫を加えていたように思います。そこで、放屁の予感を感じたら、しっかりと肛門をすぼめてみました。

ところが音は消えません。「クゥー」という怯えた仔犬の鳴き声が、ハッキリと聞こえてしまいます。首尾よく仔犬が近くにいれば、頼りない弁明は出来るでしょうが、音を消すという目的からは、遠く離れてしまいます。

全開にしてみる

閉めてもダメならあけてみな、ということで、今度は両手で思いきり拡げてみました。すべての楽器に共通する原理は、これすなわち摩擦です。摩擦さえ起こさねば、メロディは奏でられないのです。

放屁の予感が確信に変わるとき、僕は両手でめいっぱい肛門を拡げてみました。「バフン」それはまるで、つまらない雑誌を、デスクへ乱暴に投げ出したときのようでした。

怒りに満ちた、その音は、人を振り向かせるだけの威厳すら備えています。これならまだ、やらない方がマシです。なぜでしょう。理論では説明できない大きなチカラが働いているようです。

腹圧をかけてみる

いよいよ最後の手段を取らざるを得なくなりました。腹圧をかけて、細く長く吐き出す方法です。気体を少しづつ出していけば、一気に出すより音は遥かに小さくなるハズです。

それでもオナラは、奏でるのをやめようとしません。「クゥー」が「クゥーーーン」へ、「バフン」が「バババフン」へと、音量はそのままで、むしろデジタルな音響効果を追加してしまったのです。

集合知に賭ける

僕がなぜ、ここで、こんな記事を書いていると思いますか?

賭けてみたんです。

みなさんの知恵に。インターネットの集合知であれば、あるいは、この音を消す方法があるのではないか。そんな一縷の望みを、みなさんに託したのです。

チカラを貸してください。ブックマーク、ツイッター、あるいはG+、フェイスブックだって構いません。

それらに、あなたの一票を投じることで、オナラを消せなくなった、この哀れな魂を救ってください。

どうか!どうか、オナラを!