読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

12月生まれの悲劇

こんちは。ライターのチルドです。

突然ですが M&A されたことあるでしょうか。M&A は マーシャズ・アンド・アクシャンズの略で、簡単に言うと合併することです。

M&A(エムアンドエー)とは、企業の合併や買収の総称。
https://ja.wikipedia.org/wiki/M%26A

僕の誕生日は、残念ながら12月でした。そして全国の12月生まれの子供は、その家庭において、クリスマスと誕生日を合併されてしまうんですよ。

誕生日とクリスマスのプレゼントって、家庭における経済的なイベントです。それをひとつにまとめると、効率と費用対効果がアップするというワケです。

ちなみに姉は4月生まれでした。姉はクリスマスに1度、さらに誕生日と、年2回の祝祭を浴びていました。もちろんプレゼントも2度にわたって手にしています。

僕はそれでM&Aの欺瞞に気付きました。そんな時代でした。

嬉しかったプレゼント

僕が覚えている中で、もっとも記憶に残ったプレゼントはこちらです。

レゴ シティ レゴ (R)シティのまち 60097

レゴ シティ レゴ (R)シティのまち 60097

レゴブロックです。ここだけの話、僕のルーツは、レゴブロックにあります。

しかし、僕はレゴで遊ぶのは大好きなんですが、片付けが出来なかったんです。遊びおわったらそのままにして外へ出かけてしまうんです。

そして、いつも片付けない僕に業を煮やした両親は、僕の手が届かない場所にレゴをしまうようになりました。

つまり「遊んだら必ずあと片付けをします」と誓約しないとレゴを貸出してもらえなくなったのです。もともと僕の所有物であったレゴは、厳しく管理され、使用に制限をかけられてしまいました。

同じような制限はファミコンにもあり、こちらはおもに時間制限でした。守れないと、捨てられたり、隠されたり、あるいは目の前で破壊されたりします。これは同級生あるあるの定番ネタとして、現代にも語り継がれています。

最近の子供は恵まれていますから、そんな事はないと思いますが、僕らの時代は子供にとって厳しい時代だったんですね。


みなさんの誕生日、そしてクリスマスには、どんな思い出があるのでしょう。まさか、ひとりで過ごしてなんかいませんよね?


それでは、また明日。