読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

アムウェイで挫折した思い出

暮らし

こんちは。ライターのチルドです。

最近、とんと聞かなくなりましたがアムウェイって、まだあるんでしょうか。

今回は、僕が18歳のころ出会ったアムウェイについて、お話しようと思います。

キッカケは、同じ中学校出身の、年上の友人からでした。友人と呼べるほど、関わっていなかった気もしたのですが、彼はとてもフレンドリーでした。

そのころ僕は、高校を卒業して家でゴロゴロしていました。学校を卒業したらエスカレーター式に就職できると思っていたのですが、採用面接にすべてスベったため、自然とすることが無くなっていたのです。

そのとき、アムウェイが家にやって来ました。僕は彼にオーストラリアに行きたいと打ち明けます。オーストラリアのゴールドコーストへ行けば、お金が手に入るイメージがあったのです。

彼は言いました。アムウェイをやればオーストラリアに行けると。僕は繰り返します「あむうぇい…?」

そうだ、アムウェイだ。アムウェイのダイレクトディストリビューターになれば、オーストラリアでもシドニーでもニュージーランドにだって行ける。

「ゴールドコーストは?」

モチロンだよブラザー。何度だって行ける。望むなら永住したって構わない。

「夢」だろ?

ゴールドコーストに行くのが「夢」なんだろ?

実現しよう。オレと一緒に「夢」を叶えに行こう。

「ゴールドコーストは僕の夢…」

そうだブラザー。夢なんだよ。ドリームだ。そして、それを実現するのが、アムウェイだ。やろう。やるだろ?オレとドリームを掴みに行こう。

「どうすればいいの?」

よし。じゃあ、初めから説明するから、よく聞いてろよ。まずは、この図を見るんだ。

こうやって、彼は、アムウェイの分厚い冊子を広げて、いかにして、ダイレクトディストリビューターにお金が流れてくるか、そして、それに伴う不労所得の発生の仕組みについて、僕にレクチャーしてくれたのです。

僕は、ゴールドコーストへ行く。必ず行く。なぜならそれが夢だから。アムウェイとゴールドコースト、そして僕の夢が渾然一体となり、異常な興奮に包まれたのを、今でもハッキリと思い出せます。

そして、アムウェイが掲げる理念こそ、真に正しいビジネスだと確信しました。既存の日本的雇用システムは努力が報われないのです。いくら僕ががんばっても、一生貧しいままです。

だけど、アムウェイはちがう。アムウェイは、がんばったら、がんばった分だけ、目に見えるカタチで報われます。夢を実現する仲間とともに…。

僕は、光り輝くダイヤモンドアンバサダー、プラチナアンバサダーの写真が載った冊子をもらいました。こんなに大勢の仲間がいる。僕にもきっとできる。

これほど希望に満ちた瞬間は、後にも先にもありませんでした。そして僕は、アムウェイの冊子を抱いたまま、幸せな眠りについたのです。



つづく