個人ブログで稼ぐたった一つのコツ

こんちは。毎月1万円ほど副収入があればいいなと夢見るチルドです。

いやー、しかし毎日のように記事を書いているのに、いっこうに稼げませんな。はっはっは。

どうしたもんでしょう。理由は分かっているんですが、こればかりはどうにもなりません。

ブログで稼ぐ、いわゆる「ブログ飯」が産声をあげてから、インターネットではさまざまな方法論が語られてきました。

アフィリ王に俺はなる!と、叫びながら消えていったブログのなんと多いことか。

そんな乱世を生き抜いてきて、僕にはひとつだけわかったことがあります。

今日は、その成果として「個人ブログで稼ぐたった一つのコツ」を書いてみたいと思います。

お金目的のブログは消える

ブログで稼いでいるのに、お金を目的にすると消えるというのは、矛盾しているような気がしますよね。ですが、これがたったひとつの真実でした。

もう少し噛み砕いて説明すると、本当にお金が欲しければ、働いた方がはるかに簡単なんですよ。

たとえば、餓死しそうなときを想像してみてください。あなたには2つの選択肢があります。

  • 魚を釣ってたべる。
  • 芋をほってたべる。(芋は確実に埋まっている)

常識的に考えたら芋を選びますよね。空腹で飢えてるのに、ハズレの危険がある釣りをするのはなかなか勇気が必要です。

しかし、芋じゃなく魚を選ぶ人がいます。それが個人ブログ体質です。

  • 実は芋アレルギーだった

もうね、芋がダメなんです。からだが受けつけない。しかし、むかしは芋しかありませんでしたから、みんな芋を食べるしかなかったんですよ。

そこに現れたのが竿と糸と針でした。これが文明の利器、つまりインターネットです。ネットの大海は、芋アレルギーに苦しんでいた人々を救いました。

  • 3度の飯より釣りが好き

実はインターネットが大好きなんです。食べるためとか言いつつ、ホントは釣りが大好きなんですよ。誰よりもデカイ魚を釣り上げてドヤァしたい。もうね、お金とかぜんぜん関係なく、高得点を出したいんです。

逆説的ですが、マネタイズに成功したブログは、お金を目的にしていなかったからこそ、成功したとも言えます。

これを初めからお金目的にやってしまうと、ある瞬間に気がついてしまうんですよ。あ、芋食った方が早いな、と。

そしていつの間にか消えてしまうのです。

締め

好きな仕事だから上手くやれるってのは、当たり前なんですが、インターネットはそれをもっと先鋭化した感じです。

ブログは好きなことをやりたいようにやる。これに尽きます。個人ブログで稼ぐたったひとつのコツは、お金目的でやらないことです。ブログを継続するモチベーションは、好きに特化することなんです。

ただし、そこに需要があるかどうかは、また別の話しです。お金になるかどうかもまた別です。メジャーな「好き」ならお金になりやすいかも知れませんが、自分に嘘をついてメジャーのふりをすると消えてしまいますね。

結果的に、お金になるならどんどんやればいいし、ならなければ無理して続ける必要もなく、趣味にすればいい。同好の士を探すのにブログほど有効なツールはありませんからね。

ブログのマネタイズ論を、同じように読み、同じようにやっても、個人差がついてしまうのは、けっきょくコレだと思うんですが、どうでしょう?


個人ブログで稼ぐたった一つのコツ…という話題でした。