読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

3キロ痩せた

暮らし

去年から、お腹のぽっこりというか、お腹回りのお肉が気になって、がんばって運動していたんですよ。でも、ちょっと動いたくらいでは、そう簡単に体重は減りませんよね。

とりあえず半年くらい続けましたが、どうしてもあと3キロが落とせず、これも加齢という名の宿命かな…とか思ってあきらめました。けっこうハードにやっていた運動も、軽く流す程度にシフトダウンしました。

ところが、運動量を減らしてから1ヶ月後、鏡を見ていると、なんかお腹凹んだと感じて、ひさびさに体重計にのってみました。

やっぱり減ってました。

3キロ減!

半年やって達成できなかった目標を、あきらめらた途端に達成できたのです。

いったいナゼなんだろう…?

そこで今日は、運動を軽くしてから、変わったこと、変えたことを、思いつくままに書いてみます。ただし、これは僕個人の体験であって、ダイエット指南ではありませんので、くれぐれもご注意くださいませ。

お腹が空くまで食べない

ハードな運動をやめたとき、せめてこれ以上太らないようにと思って、食事に気をつけました。具体的にはお腹が空くまで食べないことです。

それまでは、朝、昼、晩と、栄養バランスを考えて規則正しく食べていたのですが、それを「お腹空いたなあ」というところまで放置するようにしました。あと、食事時間をきっちり守るのもやめました。

出された物は残さず食べる

僕はつくづく昭和の人間なんです。ある意味「美徳」として、出された食事は感謝して残さず食べるようにしていました。

それを「本当に申し訳ないんだけど…」と、断るようにしたのです。最初はやっぱり抵抗があって、あとちょっとだからそれくらい食べようよと思う自分がいました。

でも、そこで無理すると確実に満腹になるんですよ。気を使ったあげくに肥満になったら、お互いにロストロストじゃないですか。もう思い切って、ご飯を残すようにしました。

趣味に没頭する

よく「ご飯だよー」って言ってるのに、無視してゲームしてるひとっているじゃないですか。僕はあれがすごく悪い気がして、ご飯のときは必ず食卓につくようにしていたんです。

でも、最初に決めた「お腹が空くまでルール」に照らし合わせると、時間を守る規則性も、あやういことに気付きました。

なので、食べること以外にすることがあればそっちを優先するようにしました。

周りの人にも、あらかじめ決まった時間には食べないことを伝えておきました。また、冷めると美味しくなくなる物は、極力なくすようにしてもらったりして、趣味(ゲーム・読書)に集中するようにしました。

奇跡の3キロ減

この3つを意識するようになって、1ヶ月くらいで3キロ落ちていました。去年からトータルすると、実質6キロは落ちた計算になります。

運動開始前(76キロ)

半年後(73キロ)

食事セーブ1ヶ月(70キロ)

という流れです。

運動をしっかりしていた半年間は、ガッツリ食べていました。その後、食事セーブを始めたのですが、運動を軽くした分、お腹も空きにくいかったのが功を奏したのかもしれません。


自分のことながら、人体の不思議は解明できませんね。しかし、結果良ければすべて良しです。

このままキープできれば良いなと思います。


運動して食べる量を減らしたら3キロ痩せました…という僕の中の事件でした。