読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

親指にイボができて増殖してしまった。ウイルス性イボの治療と治るまでの記録

暮らし

本日、イボがやっと完治しました!

発症したのは2015年の9月、完治したのが2016年の12月ですから、1年3ヶ月かかったことになりなす。

振り返れば、長い道のりでしたが、治ったらすべて良しです。途中はもう、一生治らないんじゃないかという絶望を感じていましたからね…。

そこで今回は、僕のイボが治るまでの記録と、治すためにやったことを書いていこうと思います。

もちろん、イボは種類がいろいろあり、個人差も大きい病気ですので、こうすれば絶対に治る!とは言えませんが、同じ悩みで苦しむ方の参考になれば幸いです。


発症

はじめは、右手の親指の尖端に「チク」っと、なにか刺すような痛みを感じました。そのときは、「何か刺さったのかな?」と思って、それほど気にはしませんでした。

ところが、数日が経ったある日、親指の尖端をおすと、痛みを感じることに気づきました。よく見てみると、皮膚の奥のほうに小さな黒い点が見えました。

このときはまだ、見た目の変化はなく、この前チクっとしたときに、何かの破片が刺さって中に残ってしまったのかな?と思っていました。


イボあらわれる

右手の親指の先に、違和感を感じながら、数日が過ぎました。

なるべく気にしないようにしていたのですが、スマートフォンを操作すると当たる部分なので、気になって仕方がありません。

そして、不安はやがて確信に変わります。

指の先端に見えていた、黒い小さな点のまわりが、ロウ状に透けてきて、皮膚を押し上げてきたのです。

間違いなく「イボ」でした。それは、わずか数日のうちに、みるみる成長して、膨らんでいきました。


イボコロリを塗ってみた

インターネットで調べてみると、僕のイボはどうやら「ウイルス性」のイボであることが判明しました。イボの中に黒い点々が見えるのが特徴です。

はじめは病院に行こうと思ったのですが、どうも気が進みませんでした。自分にイボが出来たという事実を認めたくなかったのかもしれません。

そこで、薬局でイボコロリを買ってきました。これが効かなければ、あきらめて病院に行こう。そう思いました。

それからは、毎日、ヒマさえあれば薬を塗り続けました。

すると、数日後に、薬を塗っていた部分の皮膚がポロっと剥がれて、その奥に黒い点々が見えたのです。正直、気持ち悪かったです。明らかにウイルス性のイボの特徴と一致していました。

これが体中に繁殖してしまったらどうしよう…という恐怖に駆られました。


イボはとれたけれど…

それから僕は、ひたすらイボコロリを塗り続けました。そして、柔くなったら皮膚をはがすというサイクルを繰り返していました。

いったんは、イボはとれるのです。しかし何度とっても、数日たつと、また復活してきます。もしかして、こうやって一生、薬を塗り続けなければならないのだろうか、という不安になりました。


イボが増殖してしまった

そうやって、取っては復活、取っては復活を繰り返していたら、今度は、左足の親指にもイボができてしまったのです。

仕方がないので、またイボコロリを塗りました。どうせ、そのうち消えるだろう、そう思っていました。

それから、10ヶ月が過ぎて、僕はとうとう病院へ行く決意をしました。

それは、足のイボを剥がしているうちに、気がついたら4ヶ所に増殖してしまったからです。

マジ最悪です。

本当に早く病院へ行くべきだったと後悔しました。ウイルス性のイボは、たぶんイボコロリでは治りません。

少なくとも、僕は治りませんでした。


病院選びと治療方法

まず、皮膚科の病院ですが、「日本皮膚科学会」のホームページから、皮膚科の専門医を選んで決めました。

皮膚科は、専門医でなくても名乗れると聞いたので、やはり、専門医に見てもらいたいので、こちらで調べました。

「会員、医療関係のみなさま」→「皮膚科専門医を探す」の順にリンクをたどると、住んでいる地域の皮膚科専門医を探せます。



病院での治療方法は、液体窒素を含ませた綿棒をイボに押し当てる「冷凍凝固法」という治療でした。

液体窒素は、マイナス196℃になるので、イボを凍傷にして退治する感じです。ヤケドさせるような物なので、施術後の30分は、ちょっとヒリヒリします。


通院4ヶ月で治りました!

病院に行き始めてから、約4ヶ月で治りました!

ちなみに、僕の通っていた医院は、1回の治療が1010円でした。7日〜10日の間隔で、15回ほど受けました。

1回の治療は、5分くらいですが、待ち時間が長かったです。皮膚科は、あまり、予約で診てもらえるところが少ないようなので、空いている曜日や時間帯を聞いて通っていました。


治るまでやったことのまとめ

  • 冷凍凝固法(液体窒素療法)

病院で受けた治療です。液体窒素を含ませた綿棒を、イボに押し当てる治療方です。ちょっとヒリヒリしますが、我慢しました。

それから、とにかく患部をイジらないようにしました。皮膚を無理に剥がしたりすると、増えてしまうのは経験済みだったので、爪で剥がしたりしないように注意していました。

  • 体力(免疫力)作り

いろいろ調べたところ、イボは自分の免疫力が高まると自然治癒する場合もある、と書いてあったので、毎日ランニングするようにしました。

ランニングは、急に始めるとケガをしやすいので、初めは歩くのより、ちょっと早い程度で2〜3キロ、時間は30分ほどです。

  • ビタミンを取る

免疫力作りで、サプリメントなどの栄養(ビタミン)を取ると良い、と聞いたのですが、科学的なモノはちょっと心配だったので、ミックスナッツを食べていました。

これなら、気軽に、いろんな種類のビタミンを同時にとれると思ったのです。ヨクイニンが良いとも聞いたのですが、ちょっと値段が高かったので試せませんでした。


まとめ

長くなりましたが、やっと治りました。振り返って思うのは、早めに病院に行けば良かった、ということです。やはり日本の医療は世界一ですね。

体力(免疫力)作りと、ミックスナッツ(ビタミン摂取)については、僕の考え(科学的な根拠があるワケではない)なので、各自のご判断にお任せします。

ともかく、治って良かったです。



この記事が、イボで悩む方の参考になれば幸いです。