読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

なんだその顔は!エスクァイア(Esquire)のフロントグリルにギョッとする

暮らし

こんちは。ライターのチルドです。

近ごろ、街を流していると、ギョッとする車が走ってるんですよ。異様な風貌をした真っ黒いやつです。

インターネットで調べたら、トヨタ車なんですね。イメージとしてはホンダかな、と思っていたので意外でした。

この顔を見てくださいよ。

f:id:cild:20150812103638j:plain
画像トヨタ エスクァイア | トヨタ自動車WEBサイト


どうです?

まるで「北斗の拳」に出てくる、悪役のフェイスガードみたいです。明らかに僕を威嚇してますよ。

名前は「エスクァイア(Esquire)」。価格は 3.204.000 円。めちゃくちゃ無理したら買えますけど、維持費を払うのが大変そうなので、とても手が出ません。

公式サイトでは、こんなふうに紹介されていました。

思わず顔に出てしまう、ひとつ上の高級感。

圧倒的な存在感を醸しだす、堂々としたフロントグリル。品格の高さを際立たせる、緻密にデザインされた縦格子。その顔つきが、ワンランク上の高級感を漂わせています。
出典トヨタ エスクァイア | トヨタ自動車WEBサイト


たしかに圧倒的な存在感です。あんな縦格子は見たことがありません。

しかし、あの顔つきはワンランク上というより、戦場で敵を威嚇する中世のマスクマンでしょう。

あの顔で後方にピッタリくっつかれると、ソワソワと落ち着かない気分になりますよ。

あの鉄格子がジャキン!っと跳ね上がって「進撃の巨人」に出てくる巨人の顔が現れそうですよ。

上質を纏って際立つ、艶、艶、艶。

きらびやかなメッキ加飾があたえる、ドアトリムやバックドアの艶。ディテールにまでこだわったステッチ使いで際つ、シートの艶。人にふさわしい艶っぽさを、うっとりと味わってください。
出典トヨタ エスクァイア | トヨタ自動車WEBサイト


前からの見た目はゴツいのですが、全体のフォルムで見ると上品な感じはしますね。

ただ、ライトが釣り上がっているので威嚇的に見えます。物申すフロントグリルと言うか、とにかくデカく感じるのです。

今までも縦格子のデザインはありましたけど、ナンバープレートの関係で、あんなに縦幅はなかったですよね。

ところが、エスクワイアはそんな常識を無視して、全面鉄格子になっているんです。ヤンチャですよね。

牛が突っ込んできそう

エスクァイアは、30代〜40代の購入者が多いみたいですね。サイズ感からするとファミリーカーですからね。家族でキャンプに行ったら楽しそうです。

しかし、あの顔つきで牧場に乗りこんだら、たぶん牛とか突進してきますよ。

威嚇的なフロントグリルが好きな人には、ピッタリの車なのかも知れませんね。




エスクァイアの顔にギョッとする…という話題でした。