散るろぐ

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【転職】40歳のジョブチェンジ

こんちは。ライターのチルドです。

きのう、とある社長さんから「ウチに来ないか?」というオファーをもらった。ぼくは執筆のかたわら副業で正社員をやっている。今回はそっちの働きが認められてヘッドハンティングという流れになった。

見ている人は見ているってことかな。

ブログではおどけて見せてる僕だけど、その実態は、誠実かつ頭脳明晰な立派な社会人でもあるんだよね。そこいらのニートとは格が違うんだよ。格が。

と、ひと煽り入れつつ本題に移りたい。


http://www.flickr.com/photos/14558526@N03/6107919083
photo by keepitsurreal

転職という選択

実際のところ、ヘッドハンティングなんてカッコいい物じゃない。事業拡張するから男性社員が数人ほしいという単純な話だった。

僕も今年で40歳になるから、正社員で転職するなら今かなと思う。あと数年したらもうチャンスはないだろうからね。

今勤めている会社も、居心地は悪くないけれど、いろいろと危ない。売り上げは下降の一途をたどっているし、その責任をだれもとらないという負の循環におちいってるんだ。

厚生年金の支払い

ぼくが転職を考える第一の理由は、厚生年金の支払いなんだよね。みんな知ってると思うけど年金は25年(300ヶ月)掛けてないとチャラになる。年数が足りてないと掛け捨てになっちゃうんだよ。

しかも25年だけじゃ年間で50万円以下しかもらえない。だから、最低でも35年くらいは掛けておきたいところなんだよね。詳しく説明できるほどの知識はないけど、そんなふうになってるんだよ。

今のところは厚生年金を18年、国民年金を2年分払ってある。あと5年掛ければライセンスは取得できるけど、それだけじゃ雀の涙なんだよ!

あと15年、今勤めている会社が続けばいいけど、ちょっと怪しい。5〜6年は余裕で保つけど10年先はヤバイ気がしてる。毎年7%づつ売り上げ落ちてるからね。

会社がいろいろとヤバイ

中のひとが残念って言うと、僕も含めてなんだけど、いろいろダメなんだよね。株主は会社を放置プレイしてるし、役員は会社にきてるだけ、事務員は連日ムダな残業代稼ぎ、まともに働いてるのはパートのおばちゃんだけ…という、なんとも言えない状況。

それと言うのも、亡くなった先代社長が株主兼オーナーのワンマン経営者だったからなんだよ。株を相続した先代の奥さんは温泉地に逃亡中、すべての情報を持ってる雇われ社長はヤバくなったら逃げるって公言してる。

つまり責任をとるひとが不在にしてるんだよ。永遠にね…。今は過去の遺産で食いつないでるけど、そんなのいつまで続くものなんだろう。

将来性の比較

ひっくるめると将来性という話。オファーをもらった会社は、住宅インテリア関連の製造販売業。そんな商売あるんだ、というニッチなところ。

息子さんは某大手証券会社のシステム開発に関わる仕事をしてたけど、実家の商売が思いのほかうまくいってるから帰ってきたらしい。どこまで本当かわかんないけど。

たしかにネットで取引しやすい商品・サービスではある。住宅インテリア版の「モノタロウ」みたいなポジションは狙えるのかなと思う。

今の職場と比較すると、将来性は圧倒的に違う。息子が後を継ぐってことで、社長さんも元気なんだよね。

身の振り方

僕はこう見えて根気がないから、せっかく転職したのに、すぐ辞めたりしそうで心配なんだよ。ただ、年齢的にはチャンスというか、今の会社が7〜8年後にポシャったとしたら、もう正社員で働ける口は確実にない。 40代後半ノンスキルのおっさんに需要はない…。これ豆知識だよ。


本当に悩む…。

行くべきか、留まるべきか…。
今回は工場を2.5倍に拡張して機械化、500坪の店舗を建てるそうな。景気は良さそうなんだよね。

とりあえず、会社見学には行ってみるつもり。

顛末は追って報告していくよ。



んじゃ、またね。