読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

散るろぐ

千載具眼の徒を待つ

僕が課金してアフィリエイトを始めたワケ

ブログ

こんちは。ライターのチルドです。

「グーグルアドセンスへの道」も、これが最終回。とうとう僕もPROになったよ。まだ設定はしてないけど、ひつようなポイント(1万ポイント)は購入した。あとはパソコンから申し込んで、各種の設定を弄れば完了だよ。


f:id:cild:20150515094436p:plain

決済の技術革新がすごい

しかし、最近の支払いはすごく進んでるね。驚いたよ。この感動をシェアしたいから、超カンタンな「はてなポイント」の購入方法を紹介しておくね。

  • はてなポイント購入ボタンをポチる
  • コンビニ支払いを選ぶ
  • コンビニを選ぶ(赤、青、ファミマ)
  • 必要事項を記入する(なまえと電話番号など)
  • 13ケタの番号が表示される
  • コンビニで支払い(レジで「インターネット支払イデス」と言って番号を見せる)

f:id:cild:20150521111547j:plain


これスゴイ…。

疾走感ハンパない。たったこれだけで決済できるなんて…。振込用紙も本人確認もひつようナシ。時代が僕を置き去りにしていくって感じだよ。

今回は「はてなPRO」の1年払い(8000円ちょっと)を申し込むために、10000ポイント購入してみた。でも払ったのは10250円。手数料が250円かかるから小銭を用意しておこう。

こんな高い買い物をしたのはいつ以来かな。今年いちばんの出費だよ。

この胸に吹く風

これで僕もいっぱしの「アフィリエイター」になったワケだけど、この胸に去来する喪失感はいったい全体なんなのさ。

僕は「汗の臭いしか信じない」というような昭和初期な価値観の持ち主じゃないけど、この軽さはなんだ。こんなふうに無から有を生み出していく感覚は、僕を変えてしまうんじゃないだろうか。

株やFXなら種銭を失ってしまえばゲームオーバー。基本的な仕組みはギャンブルと同じ。だからリスクとリターンは明確だ。

それに比べるとアフィリエイトの実態はあやふやだ。つまり僕は、無い物を有ると言ってしまう人間になりそうで怖いんだよ。

目標は100万円

この国では、月に100万を稼ぐアフィリエイターもいるらしい。僕もたいがいビックマウスだけど、さすがにそこまでは言えないよ。

だから現実的ラインを見据えて、初年度は100万円をマイルストーンに設定してみた。僕の文才なら日常雑感系でもそれくらいは軽くイケると思う。

アフィリエイターになった動機

僕がアフィリエイターになろうと思った動機って、まだ詳しく話していなかったよね。

大事なことだから聞いてほしい。

僕がネットを始めた頃は、知りたいことが瞬時に調べられたり、一瞬で海外の情報にアクセスできたりというように、インターネットにはある種の「万能感」があった。

しかしそれは、ネットがリアルとフュージョンしていくうちに薄れていった。ミクシィフェイスブックなんかが「くだらない日常」という汚物を巻き散らかして、ネットの万能感は失われてしまったんだよ。

失われた希望を再び

僕はインターネットの万能感を取り戻したいんだ。アフィリエイトは手段であって目的じゃない。

いにしえの魔法を、ロストマジックを再びこの世界に復活させる。僕みたいなポンコツが輝けてこそインターネットには希望が見出だせるんだ。

最近のゆとり世代にこんな希望を語ると「なに寝言いってるんだ」…そう思うかもしれない。だけど本当なんだよ。ロストマジックは存在するんだ。

その証拠に「はてなブックマーク」がある。この日本最大級のソーシャルブックマークサービスは、たったひとつの呪文から生まれた。

「ナウでヤングにスパみたいよね」

この一言のスペルを唱えただけで、一晩にして完成したのがはてなブックマークなんだよ。日本のてっぺんをとった。

これが、ディス・イズ・インターネットだ!

ワッショイッ!


…さてと。

そろそろ…掃除くらいしておこうかな…。朝からまったく動いてないや。ちなみに昨日の収益は1円。あと999999円か…。ちょろいな。



じゃあの