cardmicsの正体とは?話題の『クレジットカードの読みもの』の人物像を予測してみる

2016年も折り返し地点を過ぎた7月、都内某所にひとりの男がいた。 年末へ向けて更に上積みしていくというその男は、どこへ向かい、その視線の先には何が見えているのだろう。

本日ご紹介する『クレジットカードの読みもの』は、現在、Google検索「クレジットカード」単体キーワードでトップを独走する、クレジットカード日本No.1ブログである。



「クレジットカードをやさしく解説する」をコンセプトに、2010年にローンチしたサーヴィスは、今や日本を代表するクレジットカード専門サイトへと成長を遂げた。

アフィリエイトにおいて、最も収益性が高く、最も競争が激しいと言われるビックワード。その頂点を極めたのは、名立たる大企業でも、気鋭のベンチャーでもなく、たったひとりの天才だった。

ナゾに包まれる正体

アフィリエイト業界でデーモンと呼ばれる cardmics氏だが、その正体はナゾに包まれている。

そこで今回は、『クレジットカードの読みもの』のヘヴィユーザーでもある筆者が、運営者の「cardmics」氏について、知っている情報をシェアしていく。ソースは開示できないので、あくまでウワサ程度に読み進めて欲しい。


cardmics

国籍:日本
性別:男
年齢:35歳(1980年生まれ)
IT歴:13年

  • cardmics伝説

1980年代生まれ
慶應卒
米国に3年留学していた
アメリカ大陸横断経験あり
サッカーがうまい
スキーもやる
アフィリエイトを始めた月の確定は30万円オーバー
歯磨きはソニッケアー電動歯ブラシ
銀歯が15本
フロスが通らないほど歯並びが良い
歯ぎしりが激しい。奥歯が欠けたことも
就寝中はマウスピース着用
レーシック手術を受けている
(術前:右目0.02、左目0.05 手術後:右目1.0、左目1.2)
散髪は美容院を利用
洗顔はプロアクティブ
愛機はレッツノート
自宅の作業はバランスボールに座って
空港のラウンジで作業することも
都内のカフェで作業することも
焼酎はロック。オススメは「黒霧島」「鳥飼」「三岳」
八天堂のメロンパンが好物
カードを愛している
スーツケースを引いている
カード利用明細はペーパー派
営業電話はガチャ切り
動画視聴は大画面派
自宅に500mlの炭酸水を50本備蓄している(災害対策)
記事のコメントは見ない(批判されると反論記事を書きたくなる)
小腹が空いたらミックスナッツ
1万ページのサイトをハッキングされたことも
屋久島へ行ったことがある
北海道や沖縄へ旅行する
旅行予約はトリップアドバイザー


最後に

2016年3月に月間170万PVを突破。ソーシャルメディアからのアクセスを課題としている。

アフィリエイト界隈で怪物と呼ばれ、豊富な知識と驚異的な更新力、批判を恐れない強靭なメンタリティ、旬なキーワードのセンスを駆使し、さらなる進化を遂げる『クレジットカードの読みもの』。

今後ともその動向には目が離せない。